版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
斑鳩王の慟哭 黒岩 重吾(著/文) - 中央公論新社
..
中公文庫 く7-23

斑鳩王の慟哭 新装版

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
640ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-12-207059-2   COPY
ISBN 13
9784122070592   COPY
ISBN 10h
4-12-207059-7   COPY
ISBN 10
4122070597   COPY
出版者記号
12   COPY
 
Cコード
C1193
教養 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年3月5日
最終更新日
2021年4月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

博愛主義の政治という理想が阻まれるなかで、聖徳太子はしだいに厭世観を募らせていた。一方、強靱な生命力を持つ推古女帝は血の怨念から大王位に固執し、蘇我馬子と組んで太子の疎外を画策する。やがて太子、女帝が逝き、大王位をめぐる確執は、山背大兄王と蝦夷が引き継ぐ――。上宮王家滅亡を描く歴史巨編。

著者プロフィール

黒岩 重吾  (クロイワジュウゴ)  (著/文

黒岩重吾

一九二四年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中に学徒動員で満州に出征、ソ満国境で敗戦を迎える。復員後、証券会社などに勤務しながら、「近代説話」の同人として小説を執筆。六〇年『背徳のメス』で直木賞、八〇年『天の川の太陽』で吉川英治文学賞を受賞する。九一年紫綬褒章受章、九二年菊池寛賞受賞。二〇〇三年死去。

上記内容は本書刊行時のものです。