版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

「祭りは終わってもここからが本の出番」

ポット出版の所在地は渋谷区神宮前です。
JRでの最寄り駅は原宿駅になります。
その原宿駅のすぐそばにある、代々木公園を中心に4月28日から5月6日までの間、東京レインボープライド2018が開催されていました。

東京レインボープライドって何 ? と思われる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、一言でいってしまえば「日本最大のLGBTの祭典」です。

では、LGBTとは何でしょうか。
LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

今年10年ぶりに改訂新版がでた『広辞苑』にも登場して(解説がまちがっていたと)話題になり、NHKのドラマではゲイやトランスジェンダーが主役、重要な役で登場するドラマが放送され、来年4月から使われる中学の道徳の教科書にも8社中4社がLGBTのことを取り上げていることがわかったと報道されるなど、いろいろと話題にされている言葉です。

そんなLGBTの祭典、ちょうど終わってしまいましたが、東京レインボープライド2018のサイトのイベント情報を見てみるとまだ終わっていないものもあります。

今年で3回目となるの紀伊國屋書店新宿本店でのフェア、そして、このイベントの地元ともいえる渋谷ではMARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店での初めてフェア
両方の店に行っていただければ、100点と70点と並んでいる本の点数の違いはありますが、どちらにも並んでいる本もあれば、それぞれにしかない本もあり、LGBTに関連した本っていろいろあるねと実感できます。

ちなみに、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店では、「小説」「エッセイ・セクシャリティ」 「結婚・法律」 「学校・医療」
「会社・仕事」「歴史・文化」「絵本・ヤングアダルト・学校向け」というような分類に分かれて並んでいます。いろいろな切り口があり、きっと気になる1冊を見つけることができると思います。

ポット出版の本もLGBT絵本シリーズの『タンタンタンゴはパパふたり

王さまと王さま』 

くまのトーマスはおんなのこ』(ポット出版プラス)

や、『同性パートナーシップ証明、はじまりました。』など、この他にも何点かフェアの棚に並んでいます。

いつだって、そして何回でも読むことが出来て、知識を得たり、考える上で本という存在はとても便利なものです。

この機会に新宿、渋谷に足を運んでポット出版の(じゃなくてもいいですけど)LGBT関係の本を手にとって見てはいかがでしょうか。

LGBT関係の本

『LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ』 保育社
『LGBT問題と教育現場』 学文社
『セクシュアル・マイノリティへの心理的支援』 岩崎学術出版社
『ルポ 保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル』 朝日新聞出版
『性別に違和感がある子どもたち (子どものこころの発達を知るシリーズ 7)』 合同出版
『封じ込められた子ども、その心を聴く―性同一性障害の生徒に向き合う』 ふくろう出版
『トランスジェンダーの心理学―多様な性同一性の発達メカニズムと形成』 晃洋書房
『職場のLGBT読本』 実務教育出版
『トランスジェンダーと職場環境ハンドブック だれもが働きやすい職場づくり』 日本能率協会マネジメントセンター
『Oriijin 2017年5月号ココロと多様性の時代を生きる』 ダイヤモンド社
『Oriijin 2018春号多様性×ココロスタイル=「働き方改革」で幸せになる8つの方法)』 ダイヤモンド社
『ダイバーシティ・マネジメント入門』 ナカニシヤ出版
『LGBTを知る』 日本経済新聞出版社
『同性愛は「病気」なの?』 星海社
『女装と日本人』 講談社
『LGBTを読みとく クィア・スタディーズ入門』 筑摩書房
『レインボーフラッグ誕生物語―セクシュアルマイノリティの政治家ハーヴェイ・ミルク』 汐文社
『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』 太田出版
『BL進化論[対話篇] ボーイズラブが生まれる場所』 宙出版
『俺たちのBL論』 河出書房新社
『オトコのカラダはキモチいい』 KADOKAWA/メディアファクトリー
『アナル・アナリシス――お尻の穴から読む』 太田出版
『すばる2018年5月号 【特集 ぼくとフェミニズム】』 集英社
『問題だらけの女性たち』 河出書房新社
『世界を変えた100人の女の子の物語』 河出書房新社
『世界を変えた50人の女性科学者たち』 創元社
『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』 河出書房新社
『ジェンダー写真論 1991-2017』 里山社
『井田真木子 著作撰集』 里山社
『ジェンダー・トラブル 新装版 ―フェミニズムとアイデンティティの攪乱』 青土社
『リオとタケル』 集英社インターナショナル
『同性愛と異性愛』 岩波書店
『くまのトーマスはおんなのこ』 ポット出版
『たまごちゃん、たびにでる』 イタリア会館出版部
『タンタンタンゴはパパふたり』 ポット出版
『ピンクになっちゃった!』 1万年堂出版
『王さまと王さま』 ポット出版
『ドレミファえんのたちつてとっこ けっこんしようよ』 岩崎書店
『ジョージと秘密のメリッサ』 偕成社
『パパは専業主夫』 童話館出版
『“少女神”第9号』 筑摩書房
『しまなみ誰そ彼1』 小学館
『しまなみ誰そ彼2』 小学館
『しまなみ誰そ彼3』 小学館
『弟の夫1』 双葉社
『弟の夫2』 双葉社
『弟の夫3』 双葉社
『弟の夫4』 双葉社
『スピン』 河出書房新社
『体の贈り物』 新潮社
『ゲイ短編小説集』 平凡社
『レズビアン短編小説集 女たちの時間』 平凡社
『独り舞』 講談社
『百年の憂鬱』 ポット出版
『オレンジだけが果物じゃない』 白水社
『ある鰐の手記』 作品社
『孽子』 国書刊行会
『紀大偉作品集『膜』』 作品社

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店用のフェアリスト
(フェアの在庫とは完全には一致しません、在庫の有無は書店店頭にてご確認ください)
(選書・東京レインボープライド)

ポット出版の本の一覧
ポット出版プラスの本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加