版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2019/07/20

私のフェミはここから―小川たまか×西口想トークイベント

『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』 著者の小川たまかさんと、『なぜオフィスでラブなのか』 著者の西口想さんのトークイベントです。
女性たちを取り巻くさまざまな問題が話題になる昨今、 女性でも男性でも「フェミニスト」 としてこれらの問題に取り組む人は確実に増えています。 小川たまかさん、西口想さんもまさにそんなお二人です。
今回は、 ジェンダーや働き方の問題に深く切り込んで問題提起をされている お二人に、 ご自身がどのようにしてフェミとして活動するようになったのか、 その背景を語っていただきます。

イベント詳細とお申し込みは下記よりお願いいたします。
https://horipub190720.peatix.com/view

会場台東館 7階北側会場(BOOKMARKET2019 会場内イベントブース)
開場/開演開場14:15/開演14:30
料金1200円
出演者小川たまか(おがわ・たまか)
1980年、東京都生まれ。 立教大学大学院文学研究科修士課程修了後、 フリーライターを経て2008年から編集プロダクション取締役。 2018年4月に独立し、再びフリーに。Yahoo! ニュース個人「小川たまかのたまたま生きてる」などで執筆。 性暴力被害当事者を中心とした団体、一般社団法人Spring スタッフ。性暴力と報道対話の会メンバー。著書に『「 ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』( 2018年、タバブックス)。

西口 想(にしぐち・そう)
1984年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、 テレビ番組制作会社勤務を経て、現在は労働団体職員。
「マネたま」にて「映画は観れないものだから心配するな」を連載中。著書に『 なぜオフィスでラブなのか』(2019年、堀之内出版)。
お問い合わせタバブックス TEL 03-6796-2796
堀之内出版 TEL 042-682-4350
その他情報小川たまか『「 ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』9784907053260
西口想『 なぜオフィスでラブなのか』9784-906708994

BOOKMARKET2019 イベントページ https://www.anonima-studio.com/bookmarket/2019events/2019events.html#event4
申し込みページ https://horipub190720.peatix.com/view

2019/07/20

「あなたの運勢」を切り拓く守護精霊(オリチャ)を、日本人唯一の最高司祭が占います。

【開運講座】ユネスコ文化遺産「オリチャ占い」を体感せよ!

西アフリカからキューバに伝わったアフロ信仰「サンテリア」。

そのサンテリアの日本人唯一の最高司祭(ババラウォ)である越川芳明氏による占い体験講座を、7月20日(土)に開催します。

サンテリアの根幹をなし、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている占いの体系「イファ」と、そこに息づく精霊(オリチャ)たちの解説をまじえながら、参加者全員の①今年あなたを守ってくれる精霊(オリチャ)、②直近1ヶ月程度の開運方法の2つを占います。

実際にイファで用いる道具を使った占いは、日本ではまず体験することができません。ぜひこの貴重な機会に参加して、個性豊かな精霊(オリチャ)たちの世界に触れてみてください。

【講師】越川芳明(明治大学副学長/ヨルバ文化協会公認サンテリア司祭)

日 時:7月20日(土)

    【第1部】12:10~13:55

    【第2部】14:10~15:55

会 場:Readin’Writin‘ BOOKSTORE(東京メトロ銀座線田原町駅近く)

参加費:1000円

定 員:各回4名

ご参加をご希望の方は、お名前、人数、連絡先を明記のうえ

readinwritin@gmail.comまでお願いします。

*なお占い体験は当日の受付順となるため、待ち時間が発生してしまいます。ご了承ください。

会場Readin' Writin' BOOKSTORE
開場/開演開場/開演 12:00/12:10
料金1000円
出演者越川芳明(明治大学副学長/ヨルバ文化協会公認サンテリア司祭)
お問い合わせreadinwritin@gmail.com
http://bit.ly/2FR8zJ7
その他情報『オリチャ占い 2019年版』978-4-908260-09-4
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908260094

2019/07/21

ナカムラクニオさん×井上奈奈さんトークイベント

本の時間。ネコの時間。

本好き、ネコ好きのお二人、ナカムラクニオさんと井上奈奈さんによる「本×ネコトーク」。
ネコとの暮らしを通じて絵本『ウラオモテヤマネコ』を刊行された井上奈奈さん。今回のBOOK MARKETのメインビジュアルを手がけ、現在準備中の絵本二冊もネコが主人公です。
ナカムラクニオさんは著書『猫思考』でネコに学ぶ「引き算的行動」実践のための哲学を提唱されています。
また、お二人とも無類の本好きとして本に関わる展示やイベント開催など、本の世界広げる活動をされています。
トークイベントでは、ネコを愛し、本を読むお二人の生活や思考に迫ります。

会場BOOK MARKET 2019内 イベント会場2
開場/開演開場/開演 11:30/12:00
料金1200円
出演者◆プロフィール
ナカムラクニオ
荻窪のブックカフェ「6次元」店主。アートディレクター。フリーのテレビ番組ディレクターとして活躍しながら、2008年にブックカフェ「6次元」をオープン。全国で実験的な読書会や小説のワークショップなど本にまつわるイベントを企画・運営している。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』『さんぽで感じる村上春樹』『パラレルキャリア』『金継ぎ手帖』『猫思考』『村上春樹語辞典』『はじめての金継ぎBOOK』など。

井上奈奈(いのうえ・なな)
画家・絵本作家。愛猫はカノンとキリグ。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。主な著作に絵本『ウラオモテヤマネコ』『さいごのぞう』『ちょうちょうなんなん』がある。2018年『くままでのおさらい』特装版がドイツライプツィヒにて開催された「世界で最も美しい本コンクール」にて銀賞を受賞。写真家・建築家など多様なクリエーターとのコラボレーションを展開し、近年では雑誌や書籍の装画なども手がけている。BOOK MARKET2019のメインビジュアルを担当。
お問い合わせinfo@horinouchi-shuppan.com
その他情報『ウラオモテヤマネコ 』 978-4-906708-59-8 (堀之内出版)
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708598
『猫思考 自由に生きるためにやらニャいことAtoZ』 978-4-8342-5319-1  (ホーム社)
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784834253191

https://peatix.com/event/715791/view

2019/08/04

『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』『よかれと思ってやったのに──男たちの「失敗学」入門』刊行記念 北村紗衣さん×清田隆之さんトークイベント「フツーの男たちの普通じゃない読み解き方 「男らしさ」をめぐるフェミニスト批評入門」

シェイクスピア研究者で批評家の北村紗衣さんによる新刊『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』は、古今東西の小説や演劇作品を「フェミニスト批評」を用いて読み解き、新たな視座を与えてくれるエッセイ集です。

そして、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さんは、これまで女性たちから聞いてきた「男に対する不満や疑問」にまつわる膨大なエピソードと向き合い、そこから見えてきた男性性の問題点を著書『よかれと思ってやったのに──男たちの「失敗学」入門』にまとめました。

北村さんの著書にも「男らしさについて考えてみよう」という章がありますが、さまざまな作品に描かれる男性たちの姿をフェミニスト批評で捉え直すという視点は、非常に刺激的です。また清田さんの著書も、“女性たちの目に映る男の姿”を男性当事者としてまなざすという点に特徴があり、「男性」という存在を批評的に捉え直すという点で共通しているように思われます。

そこで今回は、北村さんと清田さんをお招きし、“マジョリティ男性”を新たな視点で読み解くトークセッションを企画しました。

小説や演劇作品における男性たちをフェミニスト批評的に読み解くとはどういうことなのか。社会で「フツー」とされている男性たちを批評的なまなざしで捉え直すことは可能なのか。ジェンダーやフェミニズム、とりわけ「男性性」や「男らしさ」の問題に興味がある方は必見です!

会場本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)
開場/開演開場/開演 14:30/15:00
料金1500円(前売、1ドリンクオーダー別)
出演者北村紗衣、清田隆之
お問い合わせ本屋B&B
http://bookandbeer.com/event/20190804_a/
その他情報『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』(書肆侃侃房)
http://www.kankanbou.com/books/jinbun/jinbun/0652
『よかれと思ってやったのに』(晶文社)
https://www.shobunsha.co.jp/?p=5411

2019/08/09

「韓国文学の源流」シリーズ開始&『驟雨』刊行記念 白川豊さんトークイベント「文豪・廉想渉『驟雨』と韓国文学の源流」

書肆侃侃房から7月に廉想渉(ヨム・サンソプ)『驟雨』が刊行になります。
本書の訳者である白川豊さんに、廉想渉と朝鮮近代文学についてお話いただきます。

『驟雨』をまだお読みでない方も、ぜひご参加ください。

【プロフィール】
白川豊(しらかわ・ゆたか)
1950年、香川県生まれ。1975年、東京大学文学部卒業。1985年、東国大学校(韓国)大学院国語国文学科博士課程修了。九州大学文学部助手などを経て、1994年から九州産業大学国際文化学部教授(朝鮮近現代文学など担当)。著書に『植民地期朝鮮の作家と日本』(大学教育出版、1995年)、『朝鮮近代の知日派作家、苦闘の軌跡』(勉誠出版、2008年)『張赫宙研究』(東国大学校出版部、2010年)、訳書に『三代』(平凡社、2012年)などがある。

http://www.kankanbou.com/news/archives/53

会場本のあるところajiro
開場/開演開場19:00/開演19:30
料金1000円
出演者白川豊、田島安江
お問い合わせajirobooks@gmail.com
その他情報http://www.kankanbou.com/news/archives/53

2019/08/31

人は考えた通りの人間になる

自己啓発本のルーツともいえる英国の作家ジェームズ・アレンの「AS A MAN THINKETH」は聖書の次に読まれている本ともいわれます。「原因と結果の法則」の邦題でも知られる世界的ベストセラーを、人財育成の第一人者が原典に忠実に完訳しました。その栁平彬氏が、これまで培った人財育成の要点を説きます。
 氏が開発したプログラム「AIA 心のアドベンチャー」について、また人にとって大切な「志〈こころざし〉」についてを深く語ります。聞き手は『人は考えたとおりの人間になる』を刊行した田畑書店の大槻慎二さん。100年の風雪に耐え読み継がれた古典の持つ言葉の輝き、栁平さんが本に込めた思いなど縦横に話を引き出していただきます。

会場朝日カルチャーセンター立川教室
開場/開演開場11:30/開演12:00
料金朝日カルチャーセンター会員 3,456円 一般 4,104円
出演者栁平彬(グループダイナミックス研究所所長) 大槻慎二(聞き手 文芸編集者)
お問い合わせ042-527-6511
その他情報『人は考えたとおりの人間になる』978-4-8038-0357-0
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784803803570

123
読まなきゃ始まらない! 「戦う姫、働く少女」をめぐる怒涛のブックトーク
456
ものするメタモルロール作家展 『ものするひと3』×『メタモルフォーゼの縁側3』×『ランバーロール02』 オカヤイヅミ×鶴谷香央理×安永知澄×森泉岳土×おくやまゆか×岡藤真依
『ほんとうの道徳』(トランスビュー)刊行記念 苫野一徳トークイベント
78910111213
14151617181920
私のフェミはここから―小川たまか×西口想トークイベント
【開運講座】ユネスコ文化遺産「オリチャ占い」を体感せよ!
21
本の時間。ネコの時間。
222324252627
28293031