版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2018/11/18

昭和のB級お色気雑誌とともに歩んだ古本珍道中

カラサキアユミ~古本乙女の宝探し~

小倉ブックフェスにてカラサキ・アユミさんが北九州初講演。
愉快な昭和のお色気雑誌ワールドについてユーモアたっぷりに語る。

会場北九州文学サロン
開場/開演開場/開演 15:00/15:00
料金無料(要申込み・先着20名)
出演者カラサキ・アユミ
お問い合わせ北九州文学サロン 093-383-8610
その他情報古本乙女の日々是口実  http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784774406596

2018/11/23

五感を刺激するリアルな感覚経験が、学びを深める

スウェーデンの”分けない”教育Vol.5 戸外と教室をつなぐ、アウトドア教育

子どもたちが戸外(アウトドア)で遊ぶことは、一般的に良いことだと思われています。日本の就学前教育・保育要領にも、「戸外で遊ぶ」という記述があります。しかし、戸外で遊び・学ぶ効用について、その科学的根拠まではあまり知られていないのではないでしょうか。

スウェーデンをはじめとする北欧諸国では、科学的根拠に基づいたアウトドアでの教育活動が推奨されています。なかでもスウェーデンのアウトドア教育の特徴は、単なる知識や技術の理解や習得を目指す「スキル教育」だけでなく、やる気を育てる「モチベーション教育」とのバランスを保つことによって、子どもたちの人格形成の基礎を培い、社会問題を解決できる豊かな子どもたちを育てようとしている点にあります。

北欧諸国では、なぜアウトドア教育が重視されるようになったのでしょうか?アウトドアで行われている授業は、教室内で行われる一般的な授業と比べて、どのような効果があるのでしょうか?また、スウェーデンの現場では、アウトドアでの授業を具体的にどのように行っているのでしょうか?

今回は、アウトドア教育を研究される西浦和樹氏をお招きし、スウェーデンのアウトドア教育についてご紹介いただきます。また、スウェーデンのアウトドア教育者カリーナ・ブレイジ氏にもゲストとしてご参加いただく予定です。

会場聖心女子大学 <マリアンホール1階グリーンパーラー>
開場/開演開場/開演 13:25/13:30
料金3000円(リピーター割あり)
出演者西浦和樹 氏
宮城学院女子大学教育学部教授、同大学院健康栄養学研究科教授、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科訪問教授。博士(心理学)。2011年から2012年にかけてリンショーピング大学客員教授としてスウェーデンに滞在。共訳書に「創造的問題解決 なぜ問題が解決できないのか?」「北欧スウェーデン発 森の教室:生きる知恵と喜びを生み出すアウトアドア教育」(以上、北大路書房)。
お問い合わせ北欧の教育・学びLilla Turen (リラ・トゥーレン) info@nordic-inspirations.com

参加申込はこちらから→http://ptix.at/qnE3it
その他情報書籍『みんなの教育-スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』と連動したワークショップです。事前に書籍をお読みいただくと、より深まる内容となっています。
978-4-907364-08-3 C0037
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907364083

https://mitsui-publishing.com/product/minna

2018/11/23

かつて若者たちの溜まり場だったポリ裏に、一日限定で巨大野外本屋が出現!

ポリ裏ブックバザールトークイベント

田町派出所裏の広場で行われるブックイベント。不忍ブックストリート代表の南陀楼綾繁さんがトークイベントを行います。

会場4町パティオ(香川県高松市田町2-3 高松中央商店街田町交番西側)
開場/開演開場/開演 10:00/14:00
料金1500円(1DRINK付)
出演者南陀楼綾繁
お問い合わせSolow宮脇 bookcafesolow@yahoo.co.jp 080-3927-4136
その他情報https://twitter.com/cafesolow

2018/11/24

千坂恭二『歴史からの黙示』出版記念トークセッション

千坂恭二×絓秀実「1968年革命の限界と可能性」

「20世紀唯一の世界革命」から50年。
当時提起された諸問題は様々に転形しながらも21世紀の今を根底で規定しています。
日本においてそのメルクマールは、70年7月7日「盧溝橋事件33周年 日帝のアジア再侵略阻止集会」での華僑青年闘争委員会(華青闘)による告発——ナショナリズムおよび(民族)差別、ひいては独裁や前衛などに対する根源的批判——といわれます。
では、そこで提起され模索されるはずだった「反独裁の独裁」「反党派の党派」とは何か。
市民主義や社民化に陥ることのないラディカリズムとは何か。
当時からこれらの問題に取り組みつづけている千坂氏と、「1968年」を思想史的に位置づけポレミカルな問いを発しつづける絓氏が徹底討論します!

予約:会場電話03-5956-6111または1Fサービスカウンター

会場ジュンク堂書店池袋本店4Fカフェ
開場/開演開場/開演 19:00/19:30
料金1000円(ワンドリンク付)
出演者千坂恭二、絓秀実
お問い合わせジュンク堂書店池袋本店(tel. 03-5956-6111)
その他情報(増補改訂新版)歴史からの黙示
ISBN978-4906738-35-9
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906738359

増補 革命的な、あまりに革命的な
ISBN978-4-480-09864-1
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784480098641

2018/11/24

古本乙女と本好きおじさんのトークツアーその1

『私たちが蒐める理由』香川県まんのう町篇

古本と古本屋への愛を4コマ漫画で綴り『古本乙女の日々是口実』(皓星社)でデビューしたカラサキ・アユミさんと、一箱古本市の発案者で、集め、記録し、書くひとのインタビュー集『蒐める人』(皓星社)を上梓した南陀楼綾繁さんの年齢差20歳トークイベント

会場季節をたべる食卓numar 香川県仲多度郡まんのう町七箇2100
開場/開演開場/開演 18:00/18:30
料金1500円+1ドリンクオーダー
出演者カラサキ・アユミ/南陀楼綾繁
お問い合わせ電話080-3167-1349
Facebook(店名で検索)
Instagram:numar_mannou
その他情報古本乙女の日々是口実  http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784774406596
蒐める人 http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784774406589

2018/11/25

古本乙女と本好きおじさんのトークツアーその2

私たちが蒐める理由 広島県尾道市篇

古本と古本屋への愛を4コマ漫画で綴り『古本乙女の日々是口実』(皓星社)でデビューしたカラサキ・アユミさんと、一箱古本市の発案者で、集め、記録し、書くひとへのインタビュー集『蒐める人』(皓星社)を上梓した南陀楼綾繁さんの年齢差20歳トークイベント

会場古本屋 20dB 広島県尾道市久保2-2-3
開場/開演開場/開演 18:00/18:30
料金1500円
出演者カラサキ・アユミ/南陀楼綾繁
お問い合わせ電話 080-3875-0384
メール as.you.as@i.softbank.jp
その他情報古本乙女の日々是口実  http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784774406596
蒐める人 http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784774406589

2018/12/01

哲学カフェは、 その場に集まった人たちが職業や年齢などに関係なく対等な立場で 、一つのテーマについて自由に対話をするワークショップです。

『ハンス・ヨナスを読む』刊行記念イベント〜哲学カフェ<あなたは生まれてこないほうがよかった??

<戸谷洋志さんよりメッセージ>
『ハンス・ヨナスを読む』の中でも大きな問いの一つが、 人間が誕生することは善である、という主張です。
近年、ヨナスとはまったく違った潮流で、デイビッド・ ベネターという哲学者が『生まれてこない方がよかった』 という本を出しています。
ちょうど、ヨナスの主張を反対にしたような思想です。
ベネターを導入で使いながら、 ヨナスの思想で「生まれてきてよかった」といえる論拠を探す、 哲学カフェを行います。

<ゲストプロフィール>
戸谷洋志
追手門学院大学 基盤教育機構 教育開発センター 特任助教
専門は哲学。著書『Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲』(講談社文庫)、『ハンス・ ヨナスを読む』(堀之内出版)

イベントスケジュール
・参加者自己紹介
・哲学カフェ
・トークタイム
哲学カフェは、 その場に集まった人たちが職業や年齢などに関係なく対等な立場で 、一つのテーマについて自由に対話をするワークショップです。
準備は不要、会場に来ていただくことだけが参加の条件です。
進行役は戸谷洋志さん。
今回のテーマ<あなたは生まれてこないほうがよかった??>は、 戸谷さんの近著『ハンス・ヨナスを読む』 を手掛かりにしています。


日時:2018年12月1日(土)15:30~17:00 (開場:15:15~)
会場:双子のライオン堂 (東京都港区赤坂6-5-21)
最寄:千代田線「赤坂」徒歩4分、日比谷線「六本木」徒歩10分
参加費:事前券1500円、当日券1800円
メールでのお問い合わせは、primer(a)liondo. jp (a)→@に変更してお送りください

会場双子のライオン堂 (東京都港区赤坂6-5-21)
開場/開演開場/開演 15:15/15:30
料金参加費:事前券1500円、当日券1800円
出演者戸谷洋志
お問い合わせprimer(a)liondo. jp (a)→@に変更してお送りください
その他情報https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237347

123
スウェーデンの”分けない”教育Vol.4
社会学者・宮台真司さん × 評論家・真鍋厚さんのトークセッション「〈社会〉という“まぼろし”をどう生きるか」
45678910
11121314151617
18
カラサキアユミ~古本乙女の宝探し~
1920212223
スウェーデンの”分けない”教育Vol.5 戸外と教室をつなぐ、アウトドア教育
ポリ裏ブックバザールトークイベント
24
千坂恭二×絓秀実「1968年革命の限界と可能性」
『私たちが蒐める理由』香川県まんのう町篇
25
私たちが蒐める理由 広島県尾道市篇
2627282930