版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フライの雑誌 114(2018夏秋号) 堀内正徳(編集) - フライの雑誌社
..

フライの雑誌 114(2018夏秋号) 特集1◎ブラックバス&ブルーギルのフライフィッシング 底抜けに明るく楽しいバス&ギルのフライフィッシング! タックル、釣り方からフライパターン、全国の釣り人の遊び方まで! 琵琶湖のフライフィッシング 特集2◎[Shimazaki Flies]シマザキフライズへの道1 島崎憲司郎の大仕事

B5判
128ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784939003745
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月28日
最終更新日
2018年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

特集1◎ブラックバス&ブルーギルのフライフィッシング  底抜けに明るく楽しいバス&ギルのフライフィッシング! タックルと釣り方からフライパターン、全国の釣り人の遊び方まで!|特集2◎[Shimazaki Flies]シマザキフライズへの道 Ⅰ ─ 島崎憲司郎の大仕事|琵琶湖のフライフィッシング

目次

◎フライフィッシングのある暮らし
季刊[フライの雑誌]第114号 目次

002 釣り場時評87 水口憲哉

008 目次

009 優しき水辺 第107回 斉藤ユキオ

010 特集1◎ブラックバス&ブルーギルのフライフィッシング
底抜けに明るく楽しいバス&ギルのフライフィッシング! タックルと釣り方からフライパターン、全国の釣り人の遊び方まで!
●マスもいいけど、バスもいい! 底知れぬ奥深さをもつ上質なフライの対象魚 伊井明生
●霞ヶ浦水系の四季 マディウォーターのフライフィッシング 車田浩一
●私がお気に入りのフライタックル/フライパターン BASS&GILL
●ギル釣りは皆で楽しみたい騒ぎたい 夢はやっぱり尺ギルだ 斉土 修
●千匹釣ってもますます楽しい 毎日楽しい身近な池のブルーギル 新谷一大
●ボクのプカリ人生 浮いていれば人生幸せ 大田政宏
●あの日浮いた池の名前を僕達はまだ知らない 田中祐介
●フライの引き出しは多い方がいい 琵琶湖とその界隈のバス釣り 久保一良
●ギル釣りはマイ・ルールで満足度アップ エルクヘアカディスは使わないとか 西村 達
●バスに合うオールドタックル トラウト以上に遊び心を楽しめる 平野貴士
●アメリカの淡水のマス以外のフライフィッシング 山本 智
●ブラジルでも効いたイワイミノー 超大型イワイミノーでピーコックバス大爆発 後藤司右一
●'70年代の薩摩湖は桃源郷だった バス釣りから海フライへ移行していった頃 中馬達雄
●琵琶湖のフライフィッシング いきなり行ってそれなりに楽しむために 北原一平
●座談会 楽しい釣りに垣根はない。ブラックバス&ブルーギルのフライフィッシングへの招待 伊井明生|伊井信広|大ノ木直光|中山勝
●バス/ギル釣りこぼれ話 堀内正徳
●他流釣り師に学べ バスマンから見た芦ノ湖
日本屈指のゲームフィッシングレイク  中村宗彦さん インタビュー 稲垣宗彦まとめ

073 イワナの渓できのこ狩り 佐藤 伸

074 高田弘之さんを偲ぶ つがおか一孝

076 特集2◎[Shimazaki Flies]シマザキフライズへの道 Ⅰ ─ 島崎憲司郎の大仕事
「ちゃんとやっているから、安心してください」 籠城五年

082 日本釣り場論77 中村智幸さん 講演録 「イワナをもっと増やしたい!」著者
自然繁殖を助けるために、秋の大型魚は川へ戻してあげましょう。

092 イースト・アイダホ・フライ・エクスポが多くの人を集めるのには理由がある
フライフィッシングの楽しみを身近な人とシェアしよう 山本 智

098 道北遠征2017 完結編+山形遠征2018
だからわしゃ蕎麦さえ食えれば満足だっちゅうとろうに! の巻 カブラー斉藤

105 高原町通信17 無双網と〈牧ファーム〉 牧浩之

110 プロショップ・サワダという時代 坂田潤一

112 2018年春と初夏の釣り 堀内正徳

114 ロッド作りの覚悟 川本 勉

116 「隠居釣り」は山梨で 荻原魚雷

118 水辺のアルバム 11 魚を獲りたけりゃダイナマイト漁があるぜ 水口憲哉

123トピックス
124読者通信
128編集後記

上記内容は本書刊行時のものです。