版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
週刊読書人 追悼文選 「週刊読書人」編集部(編集) - 読書人
..

週刊読書人 追悼文選 50人の知の巨人に捧ぐ

発行:読書人
四六判
縦188mm 横129mm 厚さ35mm
547ページ
定価 3,500円+税
ISBN
9784924671430
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年1月20日
書店発売日
登録日
2019年11月9日
最終更新日
2020年1月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-02-15 朝日新聞  朝刊

紹介

追悼文集の集大成!
谷崎潤一郎、三島由紀夫、サルトル、小林秀雄、丸山眞男……
書評専門紙「週刊読書人」がこれまでに掲載した510名の著名人にあてた追悼記事を厳選し111編を収録。60年前の記事をはじめ、貴重な追悼文の数々。

小島信夫がカミュの事故死にふれて寄稿した1960年の記事、中井英夫が回想した寺山修司との思い出、石ノ森章太郎が見た手塚治虫の姿、立松和平・司修が綴った中上健次との友情……。94人の執筆者たちが原稿用紙にこめた哀惜の言葉、老舗書評専門紙ならでは人物・作品評がここによみがえる。

巻末にはこれまでに「週刊読書人」で掲載された追悼記事の総目録(物故者名・掲載号)を付す。

目次

■第一章 文豪たちとの別れ 60年代(1959~1968)
永井荷風(巖谷大四、奥野信太郎、小堀杏奴、杉森久英)/アルベール・カミュ(佐藤朔、小島信夫)/青野季吉(高見順)/アーネスト・ヘミングウェイ(西川正身)/宇野浩二(広津和郎、瀬沼茂樹)/室生犀星(杉森久英、森茉莉)/柳田国男(山本健吉)/吉川英治(尾崎秀樹、吉屋信子)/佐藤春夫(山本健吉)/梅崎春生(浅見淵)/谷崎潤一郎(河盛好蔵、野村尚吾)/高見順(奥野健男)/広津和郎(小田切秀雄)
■第二章 己の美学を貫く 70年代(1970~1979)
三島由紀夫(内村剛介、荒正人、利根川裕)/大宅壮一(佐藤忠男)/川端康成(進藤純孝)/椎名麟三(饗庭孝男)/武者小路実篤(紅野敏郎)/武田泰淳(荒正人、粟津則雄、後藤明生、近藤信行)/竹内好(尾崎秀樹、菅孝行、飯倉照平、玉井五一)/吉田健一(巖谷大四)/平野謙(小田切秀雄、小松伸六、長谷川泉)▽中野重治(桶谷秀昭、久保田正文)
■第三章 戦後社会に楔をうちこむ 80年代(1980~1989)
ジャン・ポール・サルトル(白井浩司、津野海太郎、渡辺睦久)/堀口大學(加藤郁乎、関容子)/小林秀雄(佐古純一郎、吉田熈生、粟津則雄)/寺山修司(中井英夫、山野浩一、八木忠栄)/ミシェル・フーコー(今村仁司)/磯田光一(奥野健男、富岡幸一郎)/澁澤龍彦(奥本大三郎、平出隆)/深沢七郎(秋山駿、水城顕(石和鷹))/桑原武夫(生島遼一、高橋健二)/清水幾太郎(藤竹暁、長崎浩)/手塚治虫(石ノ森章太郎、清水哲男、米沢嘉博、長野規)/森敦(日野啓三、富岡幸一郎)
■第四章 新しい時代に意志を託して 90年代(1992~2001)
松本清張(権田萬治、紅野敏郎、安間隆次)/中上健次(立松和平、三浦雅士、司修、保高みさ子)/安部公房(埴谷雄高、渡辺広士、谷田昌平)/井伏鱒二(平岡篤頼、長部日出雄、齋藤愼爾)/廣松渉(今村仁司、山本啓、合庭惇)/吉行淳之介(種村季弘、松原新一、大久保房男)/エマニュエル・レヴィナス(合田正人、西谷修)/司馬遼太郎(清原康正)/丸山眞男(間宮陽介、笹倉秀夫、都築勉)/遠藤周作(上総英郎、大久保房男)/堀田善衞(針生一郎、近藤信行)/江藤淳(青山光二、石原千秋、川村湊)/辻邦生(渡辺一民、高橋英夫、堀内ゆかり、合庭惇)/後藤明生(富岡幸一郎)/本多秋五(原卓也、月村敏行) ※カッコ内は追悼文執筆者
■あとがき
■追悼記事 総目録

上記内容は本書刊行時のものです。