版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
福岡地方史研究 第59号 福岡地方史研究会(編集) - 福岡地方史研究会
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910038384

福岡地方史研究 第59号

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
148ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-910038-38-4   COPY
ISBN 13
9784910038384   COPY
ISBN 10h
4-910038-38-8   COPY
ISBN 10
4910038388   COPY
出版者記号
910038   COPY
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月15日
書店発売日
登録日
2021年9月2日
最終更新日
2021年9月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

特集は「戦争の福岡」。戦争の福岡:火野葦平を通して、福岡県戦争遺跡調査について、軍都・小倉市の建物疎開、西伯利<シベリア>出兵史話、少国民の労働戦士聞き書き、福岡陸軍墓地、陸軍と特別大演習と福岡など。
 * *
敗戦直後、日本に進駐したGHQは太平洋に視点を置く戦争史観を啓蒙し、現在の私たちはこの史観の中で戦争を考えているが、歴史的事実を正しく把握するためには、大東亜戦争史観に立たなければ、本当の日本の戦争は見えてこないのではないか。(「特集にあたって─太平洋戦争史観を検証する」より)

目次

【絵葉書でたどる福岡の歴史⑳】大演習の絵図(行橋)(石瀧豊美)
 喜多岡勇平暗殺の犯人(石瀧豊美)
【特集】戦争の福岡
 特集にあたって:太平洋戦争史観を検証する 
 戦争の福岡:火野葦平を通して(坂口 博)
 福岡県戦争遺跡調査について:文献調査の観点から(渡部邦昭)
 軍都・小倉市の建物疎開(梶原康久)
 西伯利〈シベリア〉出兵史話:世界史としての大正七、八年戦役と福岡(師岡司加幸)
 大東亜戦争前の小作争議:農民組合の関連性を軸に(濱田周作)
 少国民の労働戦士聞き書き:福岡市内国民学校高等科生徒の勤労動員(首藤卓茂)
 福岡陸軍墓地について(浦辺 登)
 陸軍特別大演習と福岡:高原謙次郎「大演習拝観記」の紹介(石瀧豊美)
【コラム】
 相島の忠霊塔(今村公亮)
 林えいだいと戦争 父・寅司を中心に(森川登美江)
 ある学徒兵の死(山下龍一)
 「巣鴨版画集」とBC級戦犯の獄中日記(青山英子)
【論文】
 幕末佐賀藩におけるいわゆるアームストロング砲の製造をめぐって(三):田中久重と石黒直寛関係史料および文献からのアプローチ(河本信雄)
【研究ノート】慶長期福岡藩の支城:一次史料と可視領域からの再検討(西田 博)
 古文書蒐集折々譚 その5 宮崎安貞を尋ねて(宮 徹男)
テレビ・ラジオのドキュメンタリー作品と地方史(上)(松尾允之)
短信往来▼今村公亮/河本信雄/向野正弘/西田 博/花田俊雄/馬場﨑由美/森川登美江
会員の本の紹介/例会卓話記録/編集後記

前書きなど

■特集にあたって─太平洋戦争史観を検証するより
 令和三年六月二十三日、七十六回目の慰霊の日を迎えた摩文仁の丘は雨だった。コロナ禍のため、式典は関係者三十数名に限られていた。正午を合図に黙祷をささげた後、一人の少女が参列者の前に立ち、自作の詩を読み上げた。「私は知っている 礎を撫でる皴の手が 何度も拭ってきた涙」。(略)
 七十六年前のこの日、沖縄防衛の任を帯びた第三十二軍の幕僚たちは、軍司令官とともにガマ(自然洞窟)の中で自決した。日本軍の組織的抵抗は終わったが、沖縄はまだ「みるく世」(平和な世)ではなかった。米軍の本土進攻を遅らせるために、生き残りの将兵たちには、遊撃戦による徹底抗戦が命じられていた。このような戦略持久の作戦を推進したのは、軍参謀長の長勇中将で、糟屋郡粕屋町の農家に生まれた人である。
 沖縄失陥後、日本は継戦能力をなくしたまま、敗戦への道を辿ってゆく。本土決戦による一億総特攻総玉砕以外の戦略上の選択肢はもはやなかった。天皇の聖断のない限り、どこまでも沖縄戦を本土で戦い続けただろう。しかし無条件降伏を受け入れ、アメリカを中心とする連合国軍による占領に抵抗することなく、日本は「みるく世」のために再出発した。平和憲法を携えて国際社会に再登場したが、はたしてそうだろうかと火野葦平資料館館長の坂口博(敬称略、以下同断)は問いかける。占領期にアメリカによる太平洋戦争史観を強要され、日本の戦争は歪められたのではないかと「戦争の福岡」(講演録)で指摘し、大東亜戦争史観に立たなければ、本当の日本の戦争は見えてこないのではないかと問題提起した。(後略)(師岡氏)

著者プロフィール

福岡地方史研究会  (フクオカチホウシケンキュウカイ)  (編集

福岡地方史研究会は、1962年の発足。福岡にあって地方史や郷土史に関心を持つ人々によって結成された、民間の自主的な研究団体。発足以来、学界と在野の交流によって相互に情報を交換し、会員個々が研究を重ね研鑽を積む。研究テーマは地方史に限らず、広く文化史・社会史・民俗学に及び、対象となる時代も原始・古代・中世・近世・近現代と各時代の研究者が所属。有志による「古文書を読む会」の活動は『福岡藩朝鮮通信使記録』の刊行に結実し、2001年2月、福岡県文化賞を受賞。月1回の定例研究会を開き、年1冊会報(本誌)を発行する。

上記内容は本書刊行時のものです。