版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
舞台と客席の近接学 野村 亮太(著) - dZERO
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784907623395

舞台と客席の近接学 ライブを支配する距離の法則

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:dZERO
四六判
144ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-907623-39-5   COPY
ISBN 13
9784907623395   COPY
ISBN 10h
4-907623-39-9   COPY
ISBN 10
4907623399   COPY
出版者記号
907623   COPY
Cコード
C3011  
3:専門 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年2月5日
書店発売日
登録日
2021年1月6日
最終更新日
2021年2月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

コロナ後の舞台芸術はどうなる?
ライブパフォーマンスは、
距離の法則に支配されている。
認知科学によって「舞台」と「客席」の意味を再定義し、
「客の盛り上がり」と「距離」の関係を検証。
次世代エンターテインメントの創出につなげる一考察。

目次

序 章:距離の法則による支配
第一章:舞台と客席との距離――境界はなぜ必要か
第二章:客と客との距離――伝播する集合的感情
第三章:劇場空間と感情同期――観客の盛り上がりは何で決まるか
終 章:新たな客席のあり方と劇場認知科学

前書きなど

私がいま劇場認知科学として進めているのは、いわばライブパフォーマンスの科学である。
「近接学」を提唱したエドワード・ホールは、異なる文化に生きる人々を「異なった感覚的世界に住んでおり、会話をする際に保たれる距離を設定するときすら、ほとんど同じ感覚を使っていない」と記述した。
この近接学の系譜を踏まえ、本書が取り扱うのは劇場における距離の問題である。
二〇二〇年三月以降、新型コロナウィルス感染症の影響により、多くの劇場で公演の延期・中止を余儀なくされた。
劇場が将来どのような形になっていくかは、まだ誰も知ることはできない。新たな劇場を創出する際に、舞台と客席の近接学は論拠になりうる。こうした模索を支援するのに本書が役立ってくれればうれしい。――「まえがき」より

著者プロフィール

野村 亮太  (ノムラ リョウタ)  (

認知科学者、数理生物学者、早稲田大学人間科学学術院准教授。
1981年、鹿児島県に生まれる。九州大学大学院で人間環境学府行動システムを専攻し、2008年、期間を短縮して修了。2018年、東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻修了。博士(心理学)、博士(工学)。2020年4月より早稲田大学人間科学学術院にて劇場認知科学ゼミを主宰。大学時代は落語研究会に所属し、研究者となってからは、認知科学の手法で落語を追究しつづけている。
著書に『プログラミング思考のレッスン』(集英社新書)、『やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘』(dZERO)、共監訳に『ユーモア心理学ハンドブック』(ロッド・A・マーティン著、北大路書房)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。