版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
増補復刻版 イラン人の心 岡田 恵美子(著/文) - 人文書館
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|JRC
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784903174433

増補復刻版 イラン人の心 詩の国に愛を込めて

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:人文書館
四六判
264ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-903174-43-3   COPY
ISBN 13
9784903174433   COPY
ISBN 10h
4-903174-43-3   COPY
ISBN 10
4903174433   COPY
出版者記号
903174   COPY
Cコード
C1098  
1:教養 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年11月10日
書店発売日
登録日
2020年10月19日
最終更新日
2020年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【比較文明・比較文化への眼差し】
ペルシア文学の泰斗、イラン学先導者の名著が甦る!
大地に伏して全能の神に祈り、詩と雄弁を愛し、
灼熱の砂漠に生まれた神秘主義に陶酔する。
達意の筆で、内なるイランを開示する。
(第30回《1982年》日本エッセイストクラブ賞受賞)

「妖精の現身(うつしみ)なる乙女は 月をも凌ぐ美しさ
ベールのしたに冠いただく美貌はほのかに映える新月か
黒き瞳は 闇の底の生命の水さながら……」
「あの甘美な泉――彼女の羚羊の眼をみては
いかな尚武の士も気を失うほど
頬も野バラ、その香も野バラ
くちびるは甘美(シーリーン)で その名もシーリーン
甘美な言葉を語る唇は 蜂蜜と呼ばれて……」 
(岡田恵美子訳・本文より)

目次

はじめに―心と心には道がある(『イラン人の心』増補復刻版にあたり)
はじめに(初版・1981年)・(新装版・1993年)

第一章 サラーム
第二章 陶酔境
第三章 廻(めぐ)る天輪
第四章 イラン人の生活
第五章 聖域

初版あとがき(1981年)
新装版によせて(1993年)
おわりに―増補復刻版のためのあとがき

* カラー口絵 ペルシア細密画「花の乙女」収載

前書きなど

感想――
「開け、胡麻!」の代りに、テヘラン空港での「サラーム」が、
著者がイラン文化の宝庫に入る呪文となった。
青春時代の四年間、かの地の大学でペルシア文学を専攻し、
邦人女性として最初の博士号を得るまでの体験記であり、
随所に美しい訳詩もちりばめてある。
年中行事や、地方都市や大砂漠への旅、学界や市井の人々への
鋭いが温かい観察などを通じて、文化の奥深さを探っている。
チャードルの蔭の明眸にも譬えたい本である。
前嶋信次(慶應義塾大学名誉教授。1981年当時)

版元から一言

私がこの書を再び世に出したかった理由の一つは、
「世の中に何にもならないものはない」と知ってほしいこと。
今何にもならないことに取り組んでいるあなた、
それはいつかは役に立つ。もし役に立たなくても、
必ずあなたは達成感を得るに違いない。
もう一つの理由、それは近頃の若者は外国へ
行きたがらないと知ったことである。
確かに情報はテレビでも雑誌でも十分得られる。
でも外へ出て生きた人間に会い、彼らの生活をその目で見て欲しい。
それはあなたに別の目を開いてくれるだろう。(本書「おわりに」より)

著者プロフィール

岡田 恵美子  (オカダ エミコ)  (著/文

1932年、東京生まれ。
1967年、テヘラン大学文学部博士課程修了。文学博士。専攻は、ペルシア文学。
東京外国語大学教授、中央大学総合政策学部教授を経て、
現在、日本イラン文化交流協会会長。
主な著書
『イラン人の心』(NHKブックス)、
『ペルシアの神話 光と闇とのたたかい』(筑摩書房)、
『隣のイラン人』(平凡社)、
『言葉の国イランと私 世界一お喋り上手な人たち』(平凡社)、
他に、『ロマネスク二人旅』(岡田直次との共著、筑摩書房)などがある。
主な訳書
『王書 古代ペルシャの神話・伝説』(岩波文庫)、
『ルバーイヤート』(平凡社ライブラリー)、
『ヴィースとラーミーン ペルシアの恋の物語』(平凡社)、
『ホスローとシーリーン』『ライラとマジュヌーン』『ユースフとズライハ』
(以上、平凡社東洋文庫)
他に、『西アジアの神話』(岡田直次との共編著、ポプラ社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。