版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ロビン・フッド森を駆ける 遠山茂樹(著/文) - 刀水書房
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784887085152

ロビン・フッド森を駆ける イギリス中世の森の中へ

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:刀水書房
四六判
200ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-88708-515-2   COPY
ISBN 13
9784887085152   COPY
ISBN 10h
4-88708-515-X   COPY
ISBN 10
488708515X   COPY
出版者記号
88708   COPY
Cコード
C1322
教養 全集・双書 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月8日
最終更新日
2021年6月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 本書の目的は,イギリス中世の森と人間のかかわりを歴史的にさぐることである。その歴史をふりかえりながら,森と人間のかかわりをアウトロー物語と忠実の両面から考えてみることにある。
 さて,中世イギリスの森のアウロトーといえば,シャーウッドの森に愉快な仲間と暮らすロビン・フッドを思い浮かべる読者は多いのではないだろうか。「金持ちから金銭を奪い取り,貧しい者に与える」というロビン・フッドのイメージは後世につくりあげられたもので,本来のものではない。
 そう,この物語をひもときながら,変幻自在のロビン・フッドの多様な姿をさぐってみたい。
 それにしても,森と人間のかかわりは多様であり,時代の経過とともにさまざまな変貌を遂げてきた。本書では,そのごく一部にすぎないが,いくつかのルートをたどって歴史の中の森を散策することにしよう。

目次

第一章 ロビン・フッド物語
第二章 ガメリン物語
第三章 森と兎
第四章 ニューフォレストの怪
第五章 「森の町」ウッドストック
第六章 マグナ・カルタと御料林憲章
第七章 グロウヴリィの森

著者プロフィール

遠山茂樹  (トウヤマシゲキ)  (著/文

1953年宮城県に生まれる。早稲田大学教育学部卒業,明治大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。
東北公益文科大学名誉教授。

上記内容は本書刊行時のものです。