版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サブカル昆虫文化論 保科英人(著/文 | 編集) - 総合科学出版
..

書店員向け情報

サブカル昆虫文化論

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ19mm
296ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-88181-883-1   COPY
ISBN 13
9784881818831   COPY
ISBN 10h
4-88181-883-X   COPY
ISBN 10
488181883X   COPY
出版者記号
88181   COPY
Cコード
C0076  
0:一般 0:単行本 76:諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年11月18日
最終更新日
2021年11月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『万葉集』で、すでにコオロギやセミが題材と詠まれており、江戸期の俳句などにも虫は登場、明治維新後は庶民のあいだで鳴く虫の飼育が大流行した。そして現在、アニメやゲーム、特撮、漫画などのサブカルチャ―作品の中にも様々な虫が描かれている。「虫とヒーロー」「虫を愛でるヒロイン」「背景としての虫たち」……。神話の時代から続く日本人の昆虫観をサブカル作品から読み解く!

目次

第1章 日本人は昆虫とどう向き合ってきたか ~神話の時代から敗戦まで~
第2章 霊として描かれる昆虫
第3章 アニメーション映画と昆虫
第4章 特撮と昆虫 ~ヒーロー―・怪人・怪獣に観る昆虫たち~
第5章 カプセルフィギュアと昆虫
第6章 ゲームと昆虫
第7章 アニメと昆虫
第8章 漫画と昆虫
第9章 現代版「虫愛ずる姫君」列伝
第10章 サブカルチャーから見えてくる現代日本の昆虫観

著者プロフィール

保科英人  (ホシナヒデト)  (著/文 | 編集

昭和47年生まれ。平成12年九州大学大学院農学研究科博士課程修了。博士(農学)。現在、福井大学教育学部教授、日本甲虫学会和文誌編集委員長。専門:文化昆虫学、科学史、土壌性甲虫分類学。主要著書:『大衆文化のなかの虫たち』(共著)論創社、『近代華族動物学者列伝』勁草書房、『「文化昆虫学」の教科書』(編著)八坂書房、ほか。

宮ノ下明大  (ミヤノシタアキヒロ)  (著/文

昭和39年生まれ。平成5年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了、博士(農学)。現在、国立研究開発法人 農研機構主席研究員。法政大学兼任講師。都市有害生物管理学会会長。専門:応用昆虫学、文化昆虫学。著書:『文化昆虫学事始め』(共著)創森社、『大衆文化のなかの虫たち』(共著)論創社、『「文化昆虫学」の教科書』(共著)八坂書房。

福富宏和  (フクトミヒロカズ)  (著/文

昭和55年生まれ。平成15年名城大学農学部生物資源学科昆虫学研究室卒。現在、 石川県ふれあい昆虫館学芸員、石川むしの会事務局。日本昆虫学会、日本甲虫学 会、石川県野生動物保護調査会会員。専門: 昆虫分類学、海浜性昆虫の生態と保 全の研究、昆虫を使った教育普及活動。著書: 『日本産タマムシ大図鑑』(共著)むし社、『昆虫館はスゴイ!』(分担執筆)repicbook、『昆虫好きを育て るために』(分担執筆)ニューサイエンス社。

上記内容は本書刊行時のものです。