版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新・明日もまた今日のごとく 最首 悟(著/文) - くんぷる
..

新・明日もまた今日のごとく

発行:くんぷる
四六判
縦194mm 横128mm
272ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784875511779
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年6月21日
最終更新日
2018年6月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は「明日もまた今日のごとく」と「水俣誌々」という2部からなる。お嬢さんである星子さんの障がいと、水俣。2つに共通するのは、「わからなさへの定位」ということだろう。 人間について思索し、つねに問うということを実践してきた著者の初期の作品「明日もまた今日のごとく」(どうぶつ社)に、新たに2編を加えて「新・明日もまた今日のごとくとして」刊行

目次

Part1
明日もまた今日のごとく
かけがえのない子だと実感するとき.
教育とか福祉について考える
障害観のパラダイム・チェンジ
Part2
水俣誌々
意図して忘れようとする動きに抗して
再考、水俣病
湯堂という漁村の生活
湯堂という漁村の運命
水俣で自らに問う
甘夏みかん、一
甘夏みかん、二
緒方正人の思想と行動
『縮別版水俣―患者とともに』に思う
HIROSHIMA・NAGASAKI・MINAMATA 向こう側とこちら側 〈水俣学〉を、どのように、どう続けるか・ 御所浦という島の場合 ・苦しみのなかに漂うもの・ 水俣と海

著者プロフィール

最首 悟  (サイシュ サトル)  (著/文

一九三六年、福島県生まれ、千葉県にて育つ。東京大学理学系大学院博士課程中退。東京大学教養部助手をへて、
予備校講師・和光大学教授を歴任。
現在和光大学名誉教授。第一次不知火海総合学術調査団に参加、第二次調査団団長。「障害児を普通学級へ・全国連絡
会」世話人。

上記内容は本書刊行時のものです。