版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ライプニッツ著作集 第Ⅰ期[1]論理学 G・W・ライプニッツ(著/文) - 工作舎
..

ライプニッツ著作集 第Ⅰ期[1]論理学

発行:工作舎
A5判
424ページ
定価 10,000円+税
ISBN
9784875025146
Cコード
C1310
教養 全集・双書 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年11月
書店発売日
登録日
2019年10月16日
最終更新日
2019年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アルス・コンビナトリアとは?普遍学構想の原点

弱冠20歳にして「人間思想のアルファベット」を構想し、
『結合法論』を著して19世紀後半以降の記号論理学の隆盛に多大な影響を及ぼした
ライプニッツ[Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646-1716]。
ライプニッツ生涯の企画書『結合法論』にはじまり、
普遍学構想の基盤となる記号論理学の形成過程を追う。

【目次より】
『結合法論』
『普遍的記号法の原理』
『概念と真理の解析についての一般的研究』
『理性の数学』…

目次

結合法論
 序言
 定義
 問題
 問題Ⅰ
 問題Ⅱ
 問題ⅠとⅡの応用

普遍的記号法の原理
 普遍的記号法の原理
 計算の原理
 普遍的計算の原理
 普遍的計算の探求
 数によって推論を探査する方法
 推論の妥当性及び定言三段論法の形式と式を数によって判断するための規則
 推論の計算
 数による推論の妥当性の判定において厳守されるべき規則

普遍的計算の試論
 付記

概念と心理の解析についての一般的研究
論理形式の作図による証明
理性の数学
三段論法の形式の数学的決定
[計算]
 [加法と減法]
 [加法]
幾何学的記号法
 付記

著者プロフィール

G・W・ライプニッツ  (ライプニッツ)  (著/文

ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646-1716)
生涯ドイツの宮廷顧問官として治世に携わりつつ微積分や記号論理学の創始、計算機の発明、モナドの哲学…を展開。天才の時代の最も天才的な天才と呼ばれる。

上記内容は本書刊行時のものです。