版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
宮城道雄著作全集 宮城道雄(著/文) - 講談社エディトリアル
..

宮城道雄著作全集 第2巻 随筆2

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ37mm
448ページ
定価 9,600円+税
ISBN
9784866770505
Cコード
C3373
専門 全集・双書 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年12月25日
書店発売日
登録日
2019年12月19日
最終更新日
2019年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

宮城道雄の作品鑑賞、演奏理解に不可欠な、初の全著作集。随筆のほか、音楽関係著作や対談、点字原稿などを収録。新発見の原稿や単行本未収録の著作も多数蒐集。宮城道雄の研究には欠かせない資料です。
●第1巻〈既刊〉株式会社大空社より刊行
  随筆1 〈戦前の随筆〉(「雨の念仏」「騒音」「垣隣り」「夢の姿」)
●第2巻 以下、株式会社講談社エディトリアルより刊行予定
  随筆2 〈戦後の随筆集・随筆補遺〉(「軒の雨」「古巣乃梅」
  「水の変態」「春の海」「あすの別れ」「随筆・補遺」)
●第3巻
  対談・座談 (「琴と尺八」他、約20編を収録)
●第4巻
  音楽関係著作 (「箏曲」他、約120編の音楽論を収録)
●第5巻
  宮城道雄の著作世界 (談話類・未発表点字原稿の墨訳他を収録)

目次

『宮城道雄著作全集』刊行にあたって
軒の雨
古巣の梅
水の変態
春の海
あすの別れ
随筆 補遺
解 題

著者プロフィール

宮城道雄  (ミヤギミチオ)  (著/文

宮城道雄(みやぎ みちお 1894-1956)
名曲《春の海》の作曲者として知られる宮城道雄は、明治27年(1984)4月7日、神戸三宮居留地内で生まれた。8歳で失明の宣告を受けて以後、自らの道を箏曲地歌に定め、やがて西洋音楽の要素を邦楽に導入することによって、新しい音楽世界を開拓。自己の音楽理念に関する叙述も数多く著した。また、親友の随筆家、内田百閒のすすめで、昭和10年(1935)に最初の随筆集『雨の念仏』を出版して以来、生前に7タイトルの随筆集を出版。音楽家の単なる手すさびの域を越え、文学として一つの世界を確立し、川端康成ら各界から高い評価を得た。演奏家としても一世を風靡したが、昭和31年6月25日、《越天楽変奏曲》を関西交響楽団と共演するため大阪へ向かう途次、刈谷駅付近で急行「銀河」より転落、62歳で死去。

上記内容は本書刊行時のものです。