版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文化系のためのヒップホップ入門3 長谷川町蔵(著) - アルテスパブリッシング
.
いりぐちアルテス

文化系のためのヒップホップ入門3

四六判
272ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86559-214-6
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年12月25日
書店発売日
登録日
2020年1月9日
最終更新日
2020年1月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大人気シリーズ、第3弾!

トランプ政権という踏み絵が誕生し、
ケンドリック・ラマーが脚光を浴び、
トラップがニューヨークすら支配し、
カニエ・ウェストが炎上し続けた──
そんな4年間(2015~2018)のヒップホップ・シーンを
文化系名コンビが検証する!

シリーズ第1弾『文化系のためのヒップホップ入門』(2011)は、
「ヒップホップは音楽ではない」という独自の視点を打ち出し、
アメリカのヒップホップの歴史と聴き方を指南した画期的な入門書として、
ロングセラーを続けています。

2012年から14年までをとりあげた『2』(2018年刊)に続く本書では、
2015年から18年までのシーンを振り返るとともに(CDガイド付き)、
アフリカン=アメリカン研究の専門家で慶應大学准教授の有光道生さんを招いて、
オバマ政権下のアメリカ社会とヒップホップを論じた鼎談を収録しています。

目次

第1部 押し寄せる世代交代の波 2015年のヒップホップ
第2部 大統領選とラッパーたち 2016年のヒップホップ
第3部 ブラックネスのゆくえ~オバマ政権下のアメリカ社会とヒップホップ
    ゲスト:有光道生(アフリカ系アメリカ研究・慶應大学准教授)
第4部 トラップ時代の到来 2017年のヒップホップ
第5部 アメリカで一番聴かれる音楽に 2018年のヒップホップ

著者プロフィール

長谷川町蔵  (ハセガワマチゾウ)  (

1968年生まれ。ティーン・ギャング(ツッパリ)全盛時代に、東京のダーティー・サウス、町田市で生まれ育つ。90年代末からライター活動を開始。映画、音楽、文学からゴシップまで、クロスオーバーなジャンルでハスリングし続けている。著書に『インナー・シティ・ブルース』(スペースシャワーネットワーク、2019)、『サ・ン・ト・ランド サウンドトラックで観る映画』(洋泉社、2017)、『あたしたちの未来はきっと』(タバブックス、2017)、共著に『ヤング・アダルトUSA』(DU BOOKS、2015)ほか。

大和田俊之  (オオワダトシユキ)  (

1970年生まれ。レペゼン神奈川。クリップスとブラッズならぬバイカー・ギャング(暴走族)で荒れ狂う日本のウェッサイ、湘南地方で育つ。ドクター(文学)。慶應義塾大学法学部プロフェッサー。2011年、『アメリカ音楽史──ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』(講談社選書メチエ、第33回サントリー学芸賞受賞)をドロップ。共著に『私たちは洋楽とどう向き合ってきたのか――日本ポピュラー音楽の洋楽受容史』(花伝社、2019)、『村上春樹の100曲』(立東舎、2018)、『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版、2017)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。