版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Fishing Café VOL.64 シマノ(編集) - 木楽舎
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天
直接取引: あり(自社)
返品の考え方: フリー入帳

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863241459

Fishing Café VOL.64 開高健の釣りと旅

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:木楽舎
A4変型判
74ページ
定価 582円+税
ISBN
978-4-86324-145-9   COPY
ISBN 13
9784863241459   COPY
ISBN 10h
4-86324-145-3   COPY
ISBN 10
4863241453   COPY
出版者記号
86324   COPY
Cコード
C0075  
0:一般 0:単行本 75:体育・スポーツ
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2019年12月
書店発売日
登録日
2019年10月31日
最終更新日
2021年9月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「漂えど沈まず」名句に潜む開高健の思い

無垢なツンドラに吹く、鋭い刃のような風の大地、アラスカ。高温多湿、高密度にさまざまな生物が何層にも重なる、南米・アマゾン。産卵のため沿岸にウミガメが大挙する「中米の楽園」コスタリカ。そして青と緑の2色の大地、モンゴルなど……。足掛け20年に及ぶ開高健の釣りは、巨魚、怪魚だけのハンティング紀行ではない。その土地の釣りや魚を語りつつも、辺境地の市場や酒場を訪ね、酒や料理を求めて路地裏を彷徨いながらも、一筋の光明を釣り上げてきた。
開高健の「漂えど沈まず」という名句がある。これは、パリ市の紋章に記された言葉だったという。その言葉を見た開高健は、「パリが誕生してから5~600年の歴史の中で、風にうたれ、波にもまれているにもかかわらず『漂えど沈まず』という一言に見事に要約している」と言及し、「男の本質、旅の本質は、まさにこれだ」と言い切っている。開高健の壮大な釣り旅は、こうした蓄積の上にある。だからこそ、多くの釣り人を奮い立たせたのではないだろうか。

目次

3 ◎巻頭インタビュー ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎 父と息子の教科書 BOY'S LIFE
13 ◎特集:「悠々として釣り急いだ」作家・開高健の珠玉の釣り人生

15 ◎両手を縛っても大きい魚を釣って守る
21 ◎釣り、是すべて旅也
27 ◎釣って、料理(つく)って、食べまくった!釣りと食の冒険
31 ◎東京原野で巨匠と冗句・笑句
35 ◎問答無用の究極の釣り談義
39 News of the Fishing Caf'e 常見保彦と日本の釣り

●連載コラム
43 魚食発酵コスモロジー/小泉武夫
45 太公望万歳!/渋沢敬三
47 魚の不思議な生態学/鈴木克美
49 うたぐる釣り人/アーサー・ビナード
51 WATER FRONT GALLERY/村上康成
53 釣人たちの輪舞曲/錦織則政

58 ●釣具、漁具の歴史とその変貌【釣具物語】
63 ●未知との邂逅 高橋幸宏
68 ●フィッシング・カフェ・クラブ Fishing Café CLUB

上記内容は本書刊行時のものです。