版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
水の家系第27代陰陽師指南 念 安倍 成道(著) - アールズ出版
.

水の家系第27代陰陽師指南 念 願いが叶う「念」を手に入れる方法

四六判
縦188mm 横128mm 厚さ10mm
272ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-86204-279-8
Cコード
C0011
一般 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年9月
書店発売日
登録日
2016年9月7日
最終更新日
2016年10月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 念の専門家、正統・陰陽師による“念の指南書”です。

 人の欲が生みだす「念」には、あなたの願いを実現させる力強い念もあれば、出口が見えない迷路へと導く困った念や、悩み、もがき、あなたが苦悩の底へおちる怖い念もあります。そして知らぬ間に悪意を宿して他者に向けて飛んでいくびっくりするような念もあります。さらに、特定の相手を意図して攻撃する念(呪い)の存在も……。
 人の心が生みおとす念の不可思議な世界と向き合って千有余年。念の専門家である陰陽師がそのすべてを解き明かす注目の書です。念の仕組みはもとより、念の姿かたち、さまざまな念が織りなすとりどりの光景を読者に届けます。また念に秘められた驚くべきパワーの源泉がどこにあるかをひも解きます。
 そしてなによりも、わたしたちが、日々生きていくうえで、夢や願いを叶える念をもつためにはどうしたらよいのかを考えます。心を迷わす念にどう対処したらいいのでしょう。あなたを翻弄する荒ぶる念をどう抑え、鎮めたらよいのでしょうか。
 本書は始祖・安倍清明に発する正統、陰陽師の手によって初めて明らかにされる、念の取り扱いの書、いわば“念のトリセツ”です。

 巻末には、代々継承される念の増幅器「念願成就の陣」を著者・安倍成道自筆により特別に収載しました。

目次

プロローグ 念の不思議な世界
   
1章 念のしくみと念に宿るパワーの秘密

  あなたの「願い」と「御度」のふたつが「念」をつくる
  御度はこんな場面で計り知れない力を発揮する
  異能者の御度と念の特殊な使い方
   
2章 念をもてない人、念の暴走を招く人

  御度が薄いと念をもつことができない
  心から望むものに目をむけないと雑念に迷い、妄念が育つ
  パワフルな御度をもつと念のコントロールがむずかしい
  憤怒の激情が生みだす怨念の底知れぬパワー
   
3章 あなたの「願い」がなかなか実現しない理由

  「思えば、叶う」は、ほんとうか?
  衰弱した御度の回復術を知らないと負のスパイラルに陥って、念は消えていく
  御度を集中させる技術が未熟だと御度の力が念に宿らず、夢は叶うことなく念は霧散する
  人は御度を宿すべき芯念を見失いやすく、ときに御度を雑念に宿し、振り回される
  負の感情が御度に爆発的なエネルギーを与えるとき、念のパワーはMAXになる
   
4章 あなたの念を強化するヒント

  念を強化するヒントは陰陽師の術にあり
  心の奥底にある本来の欲求──「芯念」を知る
  夢の実現に一歩ずつ近づくために
  恋の願望を成就させるために
  御度の運びをよくするために
  「浄化」とはあなたの御度を健全に保つ環境を整えること
  念のパワーを最大限まで高める呪術的「念の強化法」
   
5章 念トレで心と身体を整えよう

  陰陽師の修行に学ぶ念と御度
  御度を感じる感性を磨こう
  あなたもきっと御度が見えるようになる!
  弱った御度を活性化させる方法
  あなたの念を強化する日常的なトレーニン
  あなた本来の念を知り、念の暴走を防ぐトレーニング
   
6章 あなたを襲う生霊と呪いから身を守る方法

  攻撃的な負のエネルギーにどう対処するか
  生霊を飛ばしやすい人、生霊が憑きやすい人
  生霊をやみくもに恐れる必要はない
  殺意をもつ生霊は除霊する以外に道なし
  霊にとり憑かれないために
  呪いがあなたを襲うとき
   
エピローグ 想念の話
   
あとがきにかえて

【特別収載】「念願成就の陣」

著者プロフィール

安倍 成道  (アベノナリミチ)  (

1981年、京都府生まれ。安倍晴明の血を受け継ぎ、晴明の陰陽道を継承する六家(宗家、木の家系、火の家系、土の家系、金の家系、水の家系)のなかの、水の家系第27代目の陰陽師。3歳の時に行う「見極めの儀」にて、陰陽師の継承者であることが認められ、その日から12年間にわたる厳しい修行生活に身を投じる。15歳の時の「元服の儀」にて、第27代安倍成道成智を襲名。現在は、26代目である父のもとを離れ、東京で陰陽師として活動。陰陽道に伝わる1080の術を使い、一般の方を対象とした鑑定も行っている。
主著に『陰陽師の使命』(アールズ出版)、『現代の陰陽師 安倍成道』(学研パブリッシング)がある。

関連リンク

【陰陽師動画配信中】 「陰陽師・安倍成道 念を語り、陣に念を入れる」 https://www.youtube.com/watch?v=EG86P6L3N-o

上記内容は本書刊行時のものです。