版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題 川瀬 宏明(著/文) - ベレ出版
..

地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題

発行:ベレ出版
四六判
定価 1,700円+税
ISBN
9784860646035
Cコード
C0044
一般 単行本 天文・地学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年9月18日
最終更新日
2019年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-02-15 日本経済新聞  朝刊

紹介

日本には、日本海側を中心に、豪雪地帯と呼ばれる地域がたくさんあります。スキーやスノーボードで雪を楽しむ人もいれば、雪かきや雪下ろしに苦労する人、雪や雪解け水を農業などに利用する人もいます。そんな身近な雪の「これから」に大きく関わる存在なのが、地球温暖化です。
気温が上がると、降雪は減ってしまうのでしょうか? どうやら、そんな単純なことではないようなのです。
日本でただ一人、雪と地球温暖化を専門に研究する著者が、雪と地球温暖化の関係に迫ります!

目次

1 日本の雪のいま
 1・1 そもそも気温が低くなるのはなぜ?
 1・2 日本海側に降る雪
 1・3 太平洋側に降る雪
 1・4 冬型でも太平洋側で雪が降る?
 1・5 台風が大雪をもたらす?
  気象キャスターコラム 初雪最前線 北海道の雪(菅井貴子)
             東北地方の降雪の特徴・予報の難しさ(吉田晴香)

2 雪を知るには観測が必要だ ── 雪の観測の現状
 2・1 雪の結晶 ── 天からの手紙
 2・2 雪に似たもの──あられとひょう、凍雨と雨氷
 2・3 降ってくる雪を測るには?
 2・4 積もった雪を測る
 2・5 準リアルタイム積雪深分布図
 2・6 山の積雪を知る ── 立山黒部アルペンルート沿いの積雪観測
 2・7 スノーメモリー ── 雪に残された記憶
 2・8 雪予報はどこまで当たる? ── 降雪の数値シミュレーション
 2・9 積雪の数値シミュレーション
  気象キャスターコラム 北陸地方の雪(木地智美)
             豪雪は忘れたころに(二村千津子)

3 異常気象と地球温暖化が雪の降り方を変える
 3・1 異常気象とは
 3・2 地球温暖化のいろは
 3・3 地球温暖化によって変わりつつある気候
  気象キャスターコラム 関東の雪予報は闘い(今村涼子)
             東海地方の雪 ── 鍵は風向きと低気圧のコース(山田修作)  
             近畿地方の雪の降り方(南利幸)
  
4 地球温暖化と雪の未来
 4・1 将来、雪は増えるのか? 減るのか?
 4・2 21世紀末の冬の天気予報
 4・3 温暖化の緩和策と適応策
 4・4 そんな未来にしないために
  気象キャスターコラム 中国地方の雪の降り方(岩永哲)
             四国地方の雪の降り方──南国の“豪雪地帯”(広瀬駿)
             九州の雪予報の難しさ(松井渉)  

目次

1 日本の雪のいま
 1・1 そもそも気温が低くなるのはなぜ?
 1・2 日本海側に降る雪
 1・3 太平洋側に降る雪
 1・4 冬型でも太平洋側で雪が降る?
 1・5 台風が大雪をもたらす?
  気象キャスターコラム 初雪最前線 北海道の雪(菅井貴子)
             東北地方の降雪の特徴・予報の難しさ(吉田晴香)

2 雪を知るには観測が必要だ ── 雪の観測の現状
 2・1 雪の結晶 ── 天からの手紙
 2・2 雪に似たもの──あられとひょう、凍雨と雨氷
 2・3 降ってくる雪を測るには?
 2・4 積もった雪を測る
 2・5 準リアルタイム積雪深分布図
 2・6 山の積雪を知る ── 立山黒部アルペンルート沿いの積雪観測
 2・7 スノーメモリー ── 雪に残された記憶
 2・8 雪予報はどこまで当たる? ── 降雪の数値シミュレーション
 2・9 積雪の数値シミュレーション
  気象キャスターコラム 北陸地方の雪(木地智美)
             豪雪は忘れたころに(二村千津子)

3 異常気象と地球温暖化が雪の降り方を変える
 3・1 異常気象とは
 3・2 地球温暖化のいろは
 3・3 地球温暖化によって変わりつつある気候
  気象キャスターコラム 関東の雪予報は闘い(今村涼子)
             東海地方の雪 ── 鍵は風向きと低気圧のコース(山田修作)  
             近畿地方の雪の降り方(南利幸)
  
4 地球温暖化と雪の未来
 4・1 将来、雪は増えるのか? 減るのか?
 4・2 21世紀末の冬の天気予報
 4・3 温暖化の緩和策と適応策
 4・4 そんな未来にしないために
  気象キャスターコラム 中国地方の雪の降り方(岩永哲)
             四国地方の雪の降り方──南国の“豪雪地帯”(広瀬駿)
             九州の雪予報の難しさ(松井渉) 

著者プロフィール

川瀬 宏明  (カワセ ヒロアキ)  (著/文

1980年生まれ。 気象庁気象研究所 応用気象研究部 主任研究官。博士(理学)。気象予報士。 専門は気象学・気候学、雪氷学。 2019年度日本雪氷学会平田賞を受賞。 著書に『異常気象と気候変動についてわかっていることいないこと』(共著、ベレ出版)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。