版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
精神医療91号 大塚淳子・古屋龍太(編集) - 批評社
..

精神医療91号 働くことの意義と支援を問う

発行:批評社
B5判
128ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784826506823
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年6月25日
最終更新日
2018年7月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

精神障害者の就労支援は障害者総合支援法を経て大きく政策転換され、福祉的就労もしくは一般就労への道が強化された一方で、支援体制の基盤整備不足での制度推進により、特に就労継続A型事業所では不適正な運営が見られ、報酬上の減算等の仕組みに繋がってきた。個別給付金の運用を充てにして安易な運営を行った結果として事業不振に陥り、賃金未払いや解雇などにいたる事件が岡山、広島、愛知などで相次いだ。
「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」の概要取り纏めでは、就労継続A型について「平均労働時間に応じた基本報酬の評価」や「賃金向上のための取り組み評価」などを盛り込むと同時に、安易な事業参入の防止目的策も講じている。経過措置期間があるが、2018年度から精神障害者が雇用義務算定率の母数に含まれる。福祉的就労も一般雇用でも精神障害者の伸びが著しい一方で、定着率には大きな課題がある。今回、大量解雇事件を契機に、改めて、障害のある人が働くことの意味とその支援について考えてみたい。

目次

【コラム+連載+書評】
[視点 52]生活保護引下げからこの国の姿を見る(永瀬恵美子)
[連載 異域の花咲くほとりに 7]人格障害について(菊池孝)
[連載 神経症への一視角 4]神経症から不安障害へ――神経症の軽症うつ病への取り込み(2)(上野豪志)
[連載 3]精神現象論の展開(3)(森山公夫)
[コラム]今、高等学校で求められる支援(富島喜揮)
[書評]『社会的入院から地域へ――精神障害のある人々のピアサポート活動』加藤真規子著[現代書館刊](砂道大介+桑野祐次)
[紹介]『私たちの津久井やまゆり園事件――障害者とともに〈共生社会〉の明日へ』堀利和編著[社会評論社刊](高岡健)
[編集後記](古屋龍太)

上記内容は本書刊行時のものです。