版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
大学が地域の課題を解決する 白石 克孝(編集) - ひつじ書房
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784823410031

大学が地域の課題を解決する ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニングに学ぶ

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ひつじ書房
A5変型判
288ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-8234-1003-1   COPY
ISBN 13
9784823410031   COPY
ISBN 10h
4-8234-1003-3   COPY
ISBN 10
4823410033   COPY
出版者記号
8234   COPY
Cコード
C3030
専門 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月13日
書店発売日
登録日
2021年8月13日
最終更新日
2021年9月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大学に求められる新たな役割とは。本書では、ポートランド州立大学で展開している地域連携型教育プログラムを多角的な視点から紹介し、地域変革のアンカーとしての大学のモデルを提示する。国内の先進事例として京都の産学官民連携で展開してきた地域公共人材育成にもふれながら、これからの大学の新しい役割について考える。バイリンガル版(英日)。

執筆者:ケヴィン・ケスカス、西芝雅美、スティーブン・パーシー、ジュディス・ラメイリー、サイ・アドラー、エイミー・スプリング、セリーン・フィッツモウリス、向野也代、ジェニファー・アルカズウィーニー、飯迫八千代、クリスティーン・クレス、レイチェル・サミュエルソン、シェリル・ゲルモン、白石克孝

目次

はじめに 
Introduction

Part I Japanese

第 1 章 座談会:知識をもってまちに出よう

第 2 章 ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニングに対するアプローチ:重要要素
ケヴィン・ケスカス、西芝雅美、スティーブン・パーシー
1. コミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)とは
2. コミュニティと大学のパートナーシップの論理的根拠とCBLの位置付け
3. コミュニティ・ベース教授法(CBL)の基礎を成す教育哲学と重要要素
4. 結論

第 3 章 社会関与する大学としてのポートランド州立大学の台頭と発展およびCBLへの取り組み
ジュディス・ラメイリー、サイ・アドラー
1. 都市型研究大学としてのPSUの発展
2. 社会関与する大学の意味と位置づけ
3. エンゲージメント文化の要素とは何か
4. 幅広い大学改革のために

第 4 章 戦略的パートナーシップ: ポートランド州立大学におけるパートナーシップ構築方針の変遷
エイミー・スプリング
1. PSUの地域への関与及びパートナーシップ構築方針の変遷
2. ポートランドゼネラルエレクトリック社(PGE)とPSUの戦略的パートナーシップ
3. 戦略的パートナーシップから得た教訓

第 5 章 ポートランド州立大学ユニバーシティ・スタディーズにおける学部生向けCBLプログラム
セリーン・フィッツモウリス、向野也代
1. ユニバーシティ・スタディーズの概要
1. 1. プログラムのビジョンとミッション
1. 2. ユニバーシティ・スタディーズ一覧
1. 3. 目標となる4つの大きな柱
2. ユニバーシティ・スタディーズにおける
コミュニティ・ベースド・ラーニング(CBL)の役割
3. 4年次のキャップストーン:CBLのコース
4. オンラインのキャップストーン:最近の発展状況
5. 教員育成とキャップストーンのプログラム
5. 1. 教員のサポート推進係(FSF)
5. 2. パートナーシップ
5. 3. シラバスの構成
5. 4. 最終プロジェクト
5. 5. コミュニティでの活動に参加する学生の準備
5. 6. 評価
6. 終わりに

第 6 章 専門職大学院教育のためのCBLアプローチ
西芝雅美、サイ・アドラー
1. 専門職大学院教育のためのCBLアプローチ
2. ケーススタディ:PSUの都市・地域計画学修士(MURP)
3. PSUの行政学修士(MPA)の例
4. 重要成功要因

第 7 章 CBLを教える教員に対するサポート
ジェニファー・アルカズウィーニー、飯迫八千代
1. はじめに
2. アカデミック・プロフェッショナル:ユニークな立場の役職
3. エンゲージメント・アソシエートの役割
3. 1. サポートの度合い
3. 2. 初期のサポート
3. 3. 継続的サポート
4. その他のサポートスタッフ
5. クラス評価のサポート
6. 他部門とのコラボレーション
7. その他の大学レベルでのCBLへのサポート
8. 結論

第 8 章 コミュニティ強化のための参画型リーダーシップ:サービス・ラーニング分野における将来の指導者養成のための学術的および正課併行型活動の重要な構成要素
クリスティーン・クレス、レイチェル・サミュエルソン
1. なぜ、コミュニティ参画型リーダーシップが必要なのか?
2. コミュニティ参画型リーダーシップの知識、スキル、能力とは何か?
3. コミュニティ参画型リーダーシップ能力の専門的開発を支援するために必要な学術的要素とは何か?
4. プロフェッショナルコミュニティ参画型リーダーシップ育成のために重要な正課外の学びとは何か?
4. 1. 参画の促進
4. 2. 相互的パートナーシップ
4. 3. 社会的公正および平等
4. 4. 学生たちのエンパワメント
5. 結論

第 9 章 コミュニティ・エンゲージメントの評価
シェリル・ゲルモン、エイミー・スプリング
1. はじめに
2. 評価ストラテジーの計画
2. 1. データ収集の目的を明確に示すこと
2. 2. 関連性があり、利用可能な記述・分析データを特定すること
2. 3. データ収集システムの設計と開始に役立つ協力者を募ること
2. 4. 手段を構築すること
2. 5. 持続的なデータ収集と分析プロセスを計画すること
2. 6. 評価を継続的改善に用いること
3. それぞれの主体についての考慮事項
3. 1. 組織的インパクトついて我々が知りたいことは何か
3. 2. コミュニティへのインパクトとパートナーシップについて 我々が知りたいことは何か
3. 3. 大学教員について我々が知りたいことは何か
3. 4. 学生への影響について我々が知りたいことは何か
4. 結論
付録

第 10 章 大学の第3の使命と京都アライアンス
白石克孝
1. LORCが掲げた大学改革
2. 京都アライアンスの2つのターゲット
3. 大学の第3の使命


Part II English

Chapter 2 PSU’s Community-Based Learning (CBL)Approach:Key Components
Kevin J. Kecskes, Masami Nishishiba, Stephen L. Percy
1. What is Community-Based Learning (CBL)?
2. Rationale for Community-University Partnership and the Positioning of CBL
3. Foundational Philosophy and Key Components of Community- Engaged Pedagogy (CBL)
4. Conclusion

Chapter 3 The Emergence and Evolution of PSU as a Community-Engaged University and Its CBL Initiatives
Judith Ramaley, Sy Adler
1. Development of PSU as an Urban Research University
2. What Does it Mean to Be an Engaged University?
3. What Are the Components of a Culture of Engagement?
4. Making Broad-Based Institutional Change

Chapter 4 Strategic Partnerships:The Evolution of PSU’s Partnership Agenda
Amy Spring
1. The Evolution of PSU’s Engagement and Partnership Agenda
2. PGE-PSU Strategic Partnership
3. Lessons Learned

Chapter 5 PSU’s Undergraduate CBL Programs in University Studies
Celine Fitzmaurice, Nariyo Kono
1. Overview of University Studies
1. 1. Program Vision and Mission
1. 2. University Studies Program Map
1. 3. Four Goals
2. The Role of Community-based Learning(CBL) in University Studies
3. The Senior Capstone - A CBL Course
4. Online Capstones - A Recent Development
5. Faculty Development and the Capstone Program
5. 1. Faculty Support Facilitators (FSF)
5. 2. Partnerships
5. 3. Syllabus Design
5. 4. Final Projects
5. 5. Preparing Students to Serve in the Community
5. 6. Assessment
6. Closing

Chapter 6 PSU’s CBL Approach to Professional Graduate Education
Masami Nishishiba, Sy Adler
1. A CBL Approach to Professional Graduate Education
2. Case Study: Master of Urban and Regional Planning (MURP) at PSU
3. Example from the Master of Public Administration (MPA) at PSU
4. Key Success Factors

Chapter 7 Support for Faculty Teaching with CBL
Jennifer Alkezweeny, Yachiyo Iisako
1. Introduction
2. The Academic Professional: A Unique Type of Position
3. Role of the Engagement Associate
3. 1. Levels of support
3. 2. Introductory Supports
3. 3. Ongoing Supports
4. Additional Staffing for CBL Faculty Support
5. Assessment Supports
6. Collaboration with Others
7. Additional Institutional Supports for Community-based Learning
8. Conclusion

Chapter 8 Engaged Leadership for Community Enhancement: Critical Academic and Co-Curricular Components for Training Future Professionals in the Field of Service-Learning
Christine M. Cress, Rachel Samuelson
1. Why the Need for Community Engaged Leadership?
2. What Are the Knowledge, Skills, and Competencies of Community Engaged Leadership?
3. What Are the Critical Academic Components for Facilitating Professional Development of Community Engaged Leadership?
4. What Are the Critical Co-Curricular Components for Facilitating Professional Development of Engaged Leadership?
4. 1. Mobilizing Engagement
4. 2. Reciprocal Partnerships
4. 3. Social Justice and Equity
4. 4. Empowering Students
5. Conclusion

Chapter 9 Assessment of Community Engagement
Sherril Gelmon, Amy Spring
1. Introduction
2. Planning a Measurement Strategy
2. 1. Articulating Clear Purposes for Data Collection
2. 2. Identifying Relevant and Available Descriptive and Analytic Data
2. 3. Recruiting Allies to Help Design and Launch the Data Collection System
2. 4. Building Instruments
2. 5. Planning for a Sustained Data Collection and Analysis Process
2. 6. Using Assessment to Inform Continuous Improvement
3. Considerations for Each Constituent
3. 1. What Do We Want to Know Today About Institutional Impact?
3. 2. What Do We Want to Know Today About Community Impact and Partnerships?
3. 3. What Do We Want to Know Today About Faculty?
3. 4. What Do We Want to Know Today About Impact on Students?
4. Conclusion
Appendix

Chapter 10 Kyoto Alliance for the Third Mission of Universities
Katsutaka Shiraishi
1. University Reforms Advocated by LORC
2. Two Targets of the Kyoto Alliance
3. The Third Mission of Universities

参考文献 References
執筆者紹介 List of Contributors

著者プロフィール

白石 克孝  (シライシ カツタカ)  (編集

龍谷大学副学長、龍谷大学政策学部教授。

西芝 雅美  (ニシシバ マサミ)  (編集

ポートランド州立大学行政学部教授、学部長

村田 和代  (ムラタ カズヨ)  (編集

龍谷大学政策学部教授、地域公共人材・政策開発リサーチセンターセンター長。

上記内容は本書刊行時のものです。