版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
DVD 張力の作り方 JIDAI(監修) - BABジャパン
..

DVD 張力の作り方 力を"すきま"に通し、最大化するワーク

発行:BABジャパン
定価 5,000円+税
ISBN
9784814202607
Cコード
C2875
実用 磁性媒体など 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年1月20日
書店発売日
登録日
2019年12月24日
最終更新日
2019年12月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

全身の“すきま”に着目した身体訓練法で愛好家の注目を集めるJIDAIメソッドを開発者自らが豊富な実践法と共に丁寧に解説。自分の体を再発見して、軽やかながらも全身に力が満ちる質の高い体と動きの土台を作るDVDです。


収録内容

1)クラゲ立ち…すきまを保つ
・“頭から吊り下げられる”での間違い
2)すきまと張力の関係
○腕立て伏せの姿勢
・手のひらの張力の作り方 ・ありがちな間違い ・手首に掛かる負担の比較 ・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い
○四股立ち
・四股立ちと股関節のすきま ・ありがちな間違い ・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い
3)肘からパワー&膝下からパワー
○腕立て伏せ
・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い ・普通に行う場合との違い
○壁押し
・発声を加える(遠吠え) ・全身パワーとの違い
○スクワットの立ち上がり
・応用…浮かせ蹲踞 ・発声を加える(遠吠え) ・普通に行う場合との違い
○持ち上げ動作…合気的な動作
・発声を加える(遠吠え) ・普通に行う場合との違い
4)西洋と和の身体の違い
○脚のエネルギーライン
○腕のエネルギーライン
・バレエと日本舞踊での違い ・パンチと突きでの違い ・食事様式の違い
5)すきまの作り方…セルフ整体運動
○肩甲骨はがし
○足首の窪み押し体操
6)張力を養成する呼吸法…横隔膜下げっぱなし呼吸
・横隔膜下げっぱなし呼吸の効果
7)神経系のワーク
○頭を回しながらの前屈上体起こし
○背骨ウェーブ歩行

目次

収録内容

1)クラゲ立ち…すきまを保つ
・“頭から吊り下げられる”での間違い
2)すきまと張力の関係
○腕立て伏せの姿勢
・手のひらの張力の作り方 ・ありがちな間違い ・手首に掛かる負担の比較 ・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い
○四股立ち
・四股立ちと股関節のすきま ・ありがちな間違い ・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い
3)肘からパワー&膝下からパワー
○腕立て伏せ
・発声を加える(遠吠え) ・無声と発声(遠吠え)の違い ・普通に行う場合との違い
○壁押し
・発声を加える(遠吠え) ・全身パワーとの違い
○スクワットの立ち上がり
・応用…浮かせ蹲踞 ・発声を加える(遠吠え) ・普通に行う場合との違い
○持ち上げ動作…合気的な動作
・発声を加える(遠吠え) ・普通に行う場合との違い
4)西洋と和の身体の違い
○脚のエネルギーライン
○腕のエネルギーライン
・バレエと日本舞踊での違い ・パンチと突きでの違い ・食事様式の違い
5)すきまの作り方…セルフ整体運動
○肩甲骨はがし
○足首の窪み押し体操
6)張力を養成する呼吸法…横隔膜下げっぱなし呼吸
・横隔膜下げっぱなし呼吸の効果
7)神経系のワーク
○頭を回しながらの前屈上体起こし
○背骨ウェーブ歩行

著者プロフィール

JIDAI  (監修

指導/監修◎JIDAI(日本アートマイム協会会長)
1985年から独学でパントマイムを開始。1996年から約10年、舞台芸術としての(ポーランドの)アートマイムをテリー・プレス氏に師事。それを機に「マイムこそ人生」と活動の幅を広げる。並行して日本舞踊を藤間玉左保氏に師事。14年間にわたる日本で唯一のアートマイム指導を経て、2010年より「JIDAI ORGANIC MIME」主宰となり、2012年「日本アートマイム協会」創立。ポーランド国際マイム芸術祭にはゲストとして6度招聘。身体で紡ぐ詩はときにシュール、ときに恐ろしく、ときに優しい。そんな舞台作品の発表を国内では劇場シアターX(カイ)で定期的に行い、さらに劇場主催の俳優修業「アートマイム塾」での指導にも携わっている。また、独自の感情表現訓練法「エモーショナル・ボディワーク」や、武術、スポーツ、各種ボディワークの研究を活かした身体の使い方教室、響声ワーク、原始歩きなど、様々な活動を行っている。

指導協力◎梶本卓馬

上記内容は本書刊行時のものです。