版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
タネと内臓 吉田太郎(著/文) - 築地書館
..

タネと内臓 有機野菜と腸内細菌が日本を変える

発行:築地書館
四六判
縦188mm 横128mm
160ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784806715740
Cコード
C0045
一般 単行本 生物学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年12月
書店発売日
登録日
2018年10月10日
最終更新日
2018年11月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 世界中で激増する肥満、アトピー、花粉症、アレルギー、学習障害、うつ病などが、腸内細菌の乱れにあることがわかってきている。
けれども、日々私たちと子どもたちが口にする食べ物が、善玉菌を殺し「腸活」の最大の障壁となっていることは意外に知られていない。

 遺伝子組み換え大国アメリカはもちろん、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、ロシア、中国、韓国まで、世界中の母親や農家が、農薬漬けの農業を見直して種子を守り、農作物や加工食品の質を問い直す農政大転換が始まっている。

なぜ、日本だけ主要農産物種子法が廃止され、発がん物質として世界が忌避する農薬の食品への残留基準が規制緩和されていくのか。緩和の事実がなぜ日本の大手メディアでは報道されないのか。

 世界の潮流に逆行する奇妙な日本の農政や食品安全政策に対して、タネと内臓の深いつながりへの気づきから、警鐘を鳴らす。
一人ひとりが日々実践できる問題解決への道筋を示す本。

[推薦の言葉]
有機農業実践47年。
これまでの実践が、間違いないという確かな手ごたえを感じつつこの本を読んだ。
食に不安を持つすべての国民に読んでほしい内容である。
――金子美登(有機農家 埼玉県小川町 霜里農場)

世界全体が、そしてヒトの身体とココロと生命とが、
なみうって、ゆれる現代。人類の生存条件が賭けられた、
遺伝子環境と水文(すいもん)環境激変のなか、待望の著書が誕生した!
地球人の「農・食・住」に関する、希望のものがたりが今日はじまる。
――色平哲郎(佐久総合病院医師) 

大病を食生活で克服した著者が、タネと内臓の知られざる謎に迫る。
メディアが報道しない、タネを巡る攻防は刺激的だ。
身体で考えた情報は、それが対岸の火事ではないことを実感させてくれる。
――島村菜津(ノンフィクション作家・『スローフードな人生!』著者)

著者プロフィール

吉田太郎  (ヨシダタロウ)  (著/文

1961年東京生まれ。筑波大学自然学類卒。同大学院地球科学研究科中退。話題になった『200万都市が有機野菜で自給できるわけ』『世界がキューバ医療を手本にするわけ』などのキューバ・リポート・シリーズの他、『文明は農業で動くーー歴史を変える古代農業の謎』(以上築地書館)や 『地球を救う新世紀農業――アグロエコロジー計画』(筑摩書房)などアグロエコロジーの著作を執筆してきた。NAGANO農と食の会会員。

上記内容は本書刊行時のものです。