版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ドイツ人の村 ブアレム・サンサール(著/文) - 水声社
..
叢書《エル・アトラス》

ドイツ人の村

発行:水声社
四六判
352ページ
定価 3,000円+税
ISBN
9784801002456
Cコード
C0397
一般 全集・双書 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月10日
最終更新日
2020年4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-04 毎日新聞  朝刊
評者: 岩間陽子(政策研究大学院大教授・国際政治)

紹介

「兄さんの物語は僕の物語でもあり、僕たちのものであり、父さんの過去すべてだった。」前途有望な兄ラシェルの突然の自殺に見舞われた弟のマルリクは、遺品として兄の日記を手渡される。日記をめくるごとに明らかになっていく兄の心境と自殺の動機、そしてナチスに加担した過去をもつ父親の存在……。人がもつ孤独の闇と、それでもなお人を信頼する希望の光を、シラー兄弟の日記を通して重層的に物語る傑作長編。

著者プロフィール

ブアレム・サンサール  (ブアレムサンサール)  (著/文

アルジェリアを代表する作家。独立後のアルジェリアを支配した政権の暴虐と腐敗をたえず批判し、一貫して進歩的な姿勢を堅持する。
現代文明の光と闇を映し出した本作は、アルジェリア現代文学の傑作として世界25カ国以上で翻訳された。

上記内容は本書刊行時のものです。