版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
飲んではいけない!薬と感染症 “コロナ特効”ホンマかいな? 浜六郎(著/文) - 秀和システム
..

飲んではいけない!薬と感染症 “コロナ特効”ホンマかいな?

四六判
240ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784798062556
Cコード
C0047
一般 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年10月30日
最終更新日
2020年11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、新型の感染症(SARS-CoV-2)と薬・ワクチンの話題に絞り、既存薬の効果、新薬開発の展望、治療中での他の薬剤との関係、ワクチン候補の話、免疫力向上の秘訣等々、しっかりしたエビデンスに基づく最新の正しい情報を提供する。
もし感染して発熱しても、きつ解熱剤は絶対使ってはいけない!

目次

はじめに

序 章 病気と自然治癒――重症化防止に必須の免疫力
1.病気と自然治癒力――人は少しの変化は元に戻す力をもっている
2.傷が大きく、睡眠時間が短いと、傷が宵越しに
3.重層している生体防御システム

第1章 新型コロナウイルスSARS-CoV-2と感染症
1.コロナウイルスの一種
2.空気感染もある――WHOも認めた
3.低温・乾燥で生き続け、高温・多湿、紫外線で死ぬ
4.ACE2を受容体として感染することも同じ
5.高齢者は感染しやすく重症化しやすい
6.最終的にどの程度が感染するのか
7.重症化の危険――慢性の病気と喫煙で3~8倍
8.慢性疾患や喫煙は体に傷をつくる
9.傷があると受容体ACE2が増える
10.かぜで高齢者の重症化が目立たないのはなぜ?

第2章 高温・多湿が苦手、空気感染するウイルスについて
1.夏には軽症、冬には重症化の危険性あり
2.マスクは、保温・保湿するため感染・発病防止に最も有効

第3章 解熱剤・ステロイド剤などで熱を下げてはいけない
1.きつい解熱剤(非ステロイド抗炎症剤)は絶対使わない
2.アセトアミノフェンでも冷却でも強力な解熱は死亡を増やす
3.ステロイド剤は、発熱早期には特に害が大きい

第4章 免疫を下げる薬剤を避けること
1.発熱にタミフルやゾフルーザを使ってはいけない
2.降圧剤は、やはり免疫を落とす
3.その他にも免疫を落とす薬剤は多い

第5章 COVID-19に効く薬剤はなさそう
1.新薬承認システㇺの基本が無視され始めている
2.レムデシビルの承認の特例ぶり――実際は限りなく無効
3.アビガンは抗がん剤なみの毒性――承認してはならない
4.副腎機能低下の重症例には、補充ステロイドは有効、軽症には有害
5.モノクローナル抗体も大いに問題あり
6.その他――カレトラ、クロロキン、トシリズマブ、シクレソニドなどについて

第6章 感染症とワクチンの話
1.SARS-CoV-2に対して抗体ができれば安心か?
2.ワクチンでできる抗体とは
3.SARS-CoV-2ワクチン候補について
4.ワクチン候補の様々な製法
5.動物実験で確認されていること
6.臨床試験では感染防御能不明
7.多発性硬化症と横断性脊髄炎の害
8.アジュバントの害
9.その他の害の懸念
10.まとめ

第7章 新型感染症に負けない体のつくり方
1.何よりも重要な睡眠時間の確保
2.新型感染症に負けない体のつくり方、チェック13項目
3.身体を壊す原因、チェック10項目

あとがき

著者プロフィール

浜六郎  (ハマロクロウ)  (著/文

浜 六郎(はま ろくろう)
医師(内科・疫学)。1945年、徳島県生まれ。1969年、大阪大学医学部を卒業後、大阪府衛生部を経て、1997年まで阪南中央病院に勤務。1997年、医薬ビジランスセンターを設立。製薬企業から独立した専門家向け医薬品情報誌『TIP(正しい治療と薬の情報)』を創刊(1986年)、副編集長。一般向け医薬品情報誌『薬のチェックは命のチェック』(季刊)を創刊(2001年)。2015年から両誌を統合し、「薬のチェック」とし、現在に至る。著書に『薬害はなぜなくならないか』(1996年、日本評論社)、『ひとめでわかる のんではいけない薬大事典』『読んでやめる精神の薬』(以上、金曜日)、『「薬のやめ方」事典』(三五館)、『高血圧は薬で下げるな!』(KADOKAWA)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。