版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
番号制度の導入を踏まえた地方自治体の個人データの利用と保護対策のあり方 瀧口 樹良(著/文) - 時事通信出版局
..

番号制度の導入を踏まえた地方自治体の個人データの利用と保護対策のあり方 行政サービスの個人データの利用実態である世帯単位に着目して

A5判
縦217mm 横153mm
250ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784788715806
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年6月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

個人データの保護対策に対しては、日本国憲法では個人の尊重を規定し、個人情報保護法制においても個人の権利利益の保護が目的とされ、手続的に保障されています。一方、地方自治体の行政サービスにおいては、社会保障の給付サービスを中心に「世帯」単位で提供されるものが多く、結果として住民の個人データも「世帯」単位で利用されています。本書では、こうした地方自治体の個人データの利用実態に着目し、世帯単位という行政サービスの原則と個人単位という個人情報保護法制の原則との齟齬や問題点を調和させるべく、利用と保護のあり方」について考察します。

目次

序 章 問題設定と全体構成
第1章 地方自治体における住民の個人データの利用方法
第2章 「世帯」の概念と課題
第3章 各制度における「世帯」概念の沿革と範囲
第4章 地方自治体における「世帯」単位の個人データの利用実態と実例
第5章 地方自治体における個人情報の保護対策の実態と課題
第6章 地方自治体の個人データの利用と保護対策のあり方
補 章 韓国における個人データの保護対策

著者プロフィール

瀧口 樹良  (タキグチ キヨシ)  (著/文

1971年生まれ。駒澤大学大学院人文科学研究科社会学専攻修士課程修了。セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科博士後期課程修了。博士(情報学)。株式会社コミクリ地域情報サービス推進室に在籍。合同会社社会情報サービス研究所代表社員。2017年から神奈川工科大学非常勤講師。
著書に『迷走する番号制度 ――自治体の現場から見た課題』時事通信社など。

上記内容は本書刊行時のものです。