版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
美知比幾 河内文雄(著/文) - ふらんす堂
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784781413792

美知比幾

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ふらんす堂
菊変型判
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-7814-1379-2   COPY
ISBN 13
9784781413792   COPY
ISBN 10h
4-7814-1379-X   COPY
ISBN 10
478141379X   COPY
出版者記号
7814   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年9月16日
最終更新日
2021年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

念力の通過手間取る網戸かな
作者は呼吸器内科という、今まさにコロナ禍という一瞬たりとも気の抜けない、緊迫の最前線に身を置く。そんな状況下にありながら、僅か二年で第二句集という超人的な作家活動も塾す。俳句を忙殺される本業のシェルターなど甘くは考えてはいない。
むしろ仕事と創作という両輪の均衡が、既に抜き差しならぬトポフィリアTopophillia「場所への愛」を作り上げてしまったようだ。
しかし、これからの道程、そこを安住の地にしてはならぬのかも知れぬ。
帯より:中原道夫

◆「美知比幾」十二句選
春泥をただ駆け回る祭とや
藤揺るる空とはいへぬ高さにて
袋角いかにも喧嘩弱さうな
短夜のほぼ雑音の子守歌
放埒や縦に寝そべる雲の峰
達人は動かぬやうに綿花摘む
大文字書き順守る気はさらさら
当番の世事に疎きが秋刀魚焼く
鶏頭の十六本目隠れけり
白菜の大きな面をしてやがる
冬立つや雲に差したる雲の影
雪吊のあそこらへんが幾何究理

上記内容は本書刊行時のものです。