版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
マスターズで勝つ! 大人の卓球 戦術とテクニックを磨く 長谷部 攝(監修) - メイツ出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

マスターズで勝つ! 大人の卓球 戦術とテクニックを磨く

スポーツ・健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:メイツ出版
A5判
128ページ
定価 1,680円+税
ISBN
978-4-7804-2436-2   COPY
ISBN 13
9784780424362   COPY
ISBN 10h
4-7804-2436-4   COPY
ISBN 10
4780424364   COPY
出版者記号
7804   COPY
 
Cコード
C2075
実用 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年12月7日
最終更新日
2021年2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★ 「考え方」「戦い方」「鍛え方」で
何歳からでも上達できる!

★ 具体的な画像と詳細解説で
必勝のコツを伝授!

★ フィジカルを補う「技術と思考の実践法」

★ 効率よい「トレーニングメニューと弱点克服」

★ 実戦で効果的な「ストロークの習得と強化」


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

この本は、卓球が大好きで、
卓球の上達を目指すシニア・レディースの皆さんを
対象としています。

各地の講習会で感じることは、
知らないこととミスの原因、
上達のための改善点が皆さん共通
だということです。

この本では、その共通点をテーマごとに
お伝えしています。
そして、上達するための練習のポイントと
練習方法を明示し、
卓球が大好きな皆さんの役に立つこと、
皆さんに上達していただくことが
この本の目標です。

卓球は、必要な知識を知り、
技術上達のためのポイントをおさえ、
練習内容を工夫することで
「何歳でも、何歳からでも強くなれます! 」

この本は、卓球の技術だけにとらわれず、
ラケット・ラバーの基礎知識、
ステップアップするための練習方法、
ダブルス、戦術、メンタルにも触れました。

また、皆さんから質問として
多く寄せられる粒高ラバー対策、
カット対策、ツッツキ打ち、
ドライブの回転のかけ方なども
説明しています。

この本をお読み頂いている皆さんにとりまして、
卓球が、身体を動かす喜びと健康の増進、
ストレスの解消、さらに笑顔で人生を生きる
楽しみ・生きがいとなることを
心から願っています。

長谷部 攝


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ PART1
卓球は何歳からでも上達できる!
≪シニア・レディースのカテゴリー≫
大会や試合にチャレンジして卓球の腕を競う
≪シニア・レディースの楽しみ方≫
ランクアップを励みに上達を目指す
・・・など

☆ PART2
打つ前のミスをなくして台にむかう
≪卓球アイテム≫
正しい道具選びで潜在能力を引き出す
≪ラケットとグリップ≫
ラケットの特徴を知ってプレースタイルに生かす
・・・など

☆ PART3
ストロークの正確性を身につける
≪打法の種類≫
状況に応じた最適なショットで返球する
≪フォアハンド≫
コンパクトなスイングから体の前で打つ
・・・など

☆ PART4
勝敗のカギを握るサーブ・レシーブ
≪サービスの重要性≫
サービスを極めて試合を優位に進める
・・・など

☆ PART5
レベルアップのための練習法
≪練習の種類≫
目的やテーマを持って効率よく練習する
・・・など

☆ PART6
弱点を克服するためのQ&A
弱点を克服して選手としてスキルアップする
・・・など

☆ PART7
ダブルス強化の考え方と練習法
≪ペアリング≫
1プラス1以上の力が出せるペアをつくる
・・・など

著者プロフィール

長谷部 攝  (ハセベタダシ)  (監修

湘南工科大学附属高校卓球部総監督(令和2年まで)
同高校校長(令和元年3月まで)
日本卓球株式会社契約コーチ(令和元年~)
日本知的障がい者卓球連盟コーチ(令和2年~)
高校時代インターハイ学校対抗優勝・ダブルス3位
青山学院大学卒業後、
母校の湘南工科大学附属高校社会科教諭・
卓球部顧問として高校生の指導にあたる。
夏のインターハイ神奈川県予選、
秋の全国選抜大会神奈川県予選(新人戦)の
団体戦において、監督として
30年間無敗の記録を達成した。
インターハイ、全国選抜大会、
国民体育大会、全日本選手権などの
全国大会に100回以上監督として
参加している。
平成22年文部科学大臣優秀教員表彰、
平成17年神奈川県体育功労者表彰を
受けている。現在は、神奈川県を中心として
ジュニア、シニア、レディース、
指導者などの幅広い年代に卓球を指導している。

上記内容は本書刊行時のものです。