版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フィリップ・ロス研究 坂野 明子(著) - 彩流社
.

フィリップ・ロス研究 ヤムルカと星条旗
原書: A Study of Philip Roth ★ Yarmulke & the Star-Sprangled Banner

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ23mm
重さ 350g
300ページ
上製
定価 3,200円+税
ISBN
978-4-7791-2744-1   COPY
ISBN 13
9784779127441   COPY
ISBN 10h
4-7791-2744-0   COPY
ISBN 10
4779127440   COPY
出版者記号
7791   COPY
 
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月
書店発売日
登録日
2021年1月26日
最終更新日
2021年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

現代アメリカ文学を代表する作家、フィリップ・ロス(1933-2018)。
ロス文学の根幹をなす「ユダヤ性」に注目。各時期の代表作を通して、
ロス文学の特徴とその変化を追う。

本邦では、全米図書賞受賞のデビュー作、『グッバイ、コロンバス』の
新訳が朝日出版社から3月に刊行予定!

【フィリップ・ロス 略歴】
26歳の若さで、『さようなら、コロンバス』が全米図書賞を受賞。
以降、ピューリッツァー賞、全米批評家協会賞、ペン/フォークナー賞、
ブッカー国際賞など数多くの賞を受賞し、常に注目され続けた。
ノーベル文学賞候補にも目され、コーマック・マッカーシー、
ドン・デリーロ、トマス・ピンチョンと並び、
現代アメリカ文学を代表する4人の作家の一人とされる。
2006年、『ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビュー』による、
過去25年間の優れた作品22作のうち、ロス作品は6作も選出された。

目次

第1章  ロス文学とは
第2章  作家としての旅立ち
         ──『さようなら、コロンバス』(1959)
第3章  束縛とのたたかい──『レッティング・ゴー』(1962)
             と『ルーシーの哀しみ』(1967)
第4章  解放──『ポートノイの不満』(1969)
第5章  本当の自分を描くということ
            ──『男としての我が人生』(1974)
第6章  ネイサン・ザッカマン登場──『ザッカマン・バウンド
             ──三部作とエピローグ』(1985)
     『ゴースト・ライター』(1979)/
     『解き放たれたザッカマン』(1981)/
     『解剖学講義』(1983)
第7章  イスラエルという視点──『カウンターライフ』(1986)
         と『オペレーション・シャイロック』(1993)
第8章  身体が伝えるユダヤ性──『父の遺産』(1991)
第9章  ユダヤ的思考の完成に向けて
             ──『サバスの劇場』(1995)
第10章 アメリカを問う──アメリカ史三部作
     『アメリカン・パストラル』(1997)/
     『私は共産主義者と結婚していた』(1998)/
     『人間の染み』(2000)
第11章 歴史改変小説
     ──『プロット・アゲインスト・アメリカ』(2004)
第12章 エピローグに代えて

著者プロフィール

坂野 明子  (サカノアキコ)  (

さかの・あきこ Akiko Sakano
専修大学文学部教授。
共編著に
『ゴーレムの表象──ユダヤ文学・アニメ・映像』(南雲堂、2013)、
共著に
『ユダヤの記憶と伝統』(2019)、
『ホロコースト表象の新しい潮流
──ユダヤ系アメリカ文学と映画をめぐって』(2018)、
『ホロコーストとユーモア精神』(2016)【以上、彩流社】、
『亡霊のアメリカ文学──豊饒なる空間』(国文社、2012)、
『バード・イメージ──鳥のアメリカ文学』(金星堂、2010)など。

上記内容は本書刊行時のものです。