版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ドキュメント ゆきゆきて、神軍 増補版 原 一男(編著) - 皓星社
.

ドキュメント ゆきゆきて、神軍 増補版

発行:皓星社
四六判
296ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-7744-0657-2
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年7月
書店発売日
登録日
2018年6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

伝説のドキュメンタリー映画は、本書によって最強伝説になる!

映画『ゆきゆきて、神軍』主人公・奥崎謙三の行動は狂気によるものか、それとも神意か。
「殺人の場面」の撮影を強要するなど、普通人のものさしでは計りがたいスケールで、自らを演出する奥崎と、ドキュメンタリー映画作家の壮絶な戦いが読者のキモをつぶす。本書は、原一男監督の出世作「ゆきゆきて、神軍」の製作秘話である。採録シナリオ一挙収載。
原一男による書下ろし「老テロリスト その哀しき性」により、奥崎謙三の人間像がさらに浮かび上がる。

※本書は、『ドキュメント ゆきゆきて、神軍』(現代教養文庫、1994年)の増補版です。

目次

増補版のための〈まえがき〉
『ゆきゆきて、神軍』製作ノート 原一男
PART1―国内篇
PART2―ニューギニア篇
採録シナリオ『ゆきゆきて、神軍』 シナリオ採録・小林佐智子
対談◉なぜ戦争にこだわり続けるのか 井出孫六・原一男
神戸の女神・奥崎謙三の妻シズミ 小林佐智子
老テロリストの―その哀しき性― 原一男
文庫版のための〈あとがき〉 原一男
増補版のための〈あとがき〉 原一男

著者プロフィール

原 一男  (ハラ カズオ)  (編著

1945年6月、山口県宇部市生まれ。東京綜合写真専門学校中退後、養護学校の介助職員を経て72年、小林佐智子と共に疾走プロダクションを設立。同年、『さようならCP』で監督デビュー。74年、『極私的エロス・恋歌1974』を発表。セルフ・ドキュメンタリーの先駆的作品として高い評価を得る。87年、『ゆきゆきて、神軍』を発表。大ヒットし、日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ賞、パリ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリなどを受賞。94年、小説家・井上光晴の虚実に迫る『全身小説家』を発表。キネマ旬報ベストテン日本映画第一位を獲得。05年、初の劇映画『またの日の知華』を発表。2018年、23年ぶりの新作『ニッポン国VS泉南石綿村』を公開。

疾走プロダクション
1972年、小林佐智子プロデューサー、原一男監督が設立した映画製作・配給会社。『さようならCP』(72年)、『極私的エロス・恋歌1974』(74年)、『ゆきゆきて、神軍』(87年)、『全身小説家』(94年)、『またの日の知華』(2005年)を製作・公開発表。公開された作品はいずれも高い評価を得ており、ブエノスアイレス、モントリオール、シェフィールド、アムステルダムなど、各地の国際映画祭でレトロスペクティブが開催されている。

上記内容は本書刊行時のものです。