版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
合成テクノロジーが世界をつくり変える クリストファー・プレストン(著/文) - インターシフト
..

合成テクノロジーが世界をつくり変える 生命・物質・地球の未来と人類の選択

四六判
縦188mm 横130mm 厚さ20mm
重さ 340g
288ページ
定価 2,300円+税
ISBN
9784772695695
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月
書店発売日
登録日
2020年4月18日
最終更新日
2020年7月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-18 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 栗原裕一郎(評論家)

紹介

■生命・物質・地球をつくり変える合成テクノロジー。
 人類が神の領域に迫りつつあるいま、
 「変成新世」における未来への選択が問われる■

●合成テクノロジー
遺伝子・原子・生命・種(しゅ)や生態系・人類自身・気候・・・
万物をつくり変えようとする最先端技術はどこへ向かうのか?

●ポストナチュラル
人新世と呼ばれるように、自然・環境はもはや人類によって改変されている。
一方で、いまだ自然は未知の力を携えており、自然と技術に関わる新たな発想が求められる。

●巨大ビジネス
生命機械、分子製造など合成テクノロジーの新分野は、巨大なビジネスになる。
だが、世界を大きく変える技術の進展を、企業や市場に委ねるだけではいけない。

●地球3.0
気候工学・ジオエンジニアリングは、地球システムまでつくり変えようとする。
また、生物・生態系を改変・復元するテクノロジーも進む。
こうした人類による生命や地球の管理・操作はどこまで許されるのか?

●変成新世
気候変動や環境破壊は人類の活動がもたらしたが、それらを意図したわけではない。
しかし、合成テクノロジーは、明確な意図をもって生命・物質・地球を改変する。
このように人類が巨大な改変力を手にする新たな時代が「変成新世」である。

●未来への選択
いま私たちはかつてない重大な岐路に立っている。
人類だけではなく、あらゆる生命・物質・地球の未来が懸かった選択である。
一人ひとりがその内実を知ることで、市場や政府、一部のエリート任せにしない判断が急務となる。

★ノーチラス・ブックアワード受賞!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: クリストファー・プレストン
モンタナ大学の哲学教授。自然と技術に関わる環境哲学・環境倫理に造詣が深い。
編著『気候正義と地球工学』、単著『グラウンディングナレッジ 環境の哲学・認識論・場所』(ともに未邦訳)など。

::訳者:: 松井信彦
翻訳家。マーク・ミーオドヴニク『人類を変えた素晴らしき10の材料』、
マット・サイモン『たいへんな生きもの』、デイヴィッド・ドイッチュ『無限の始まり』(共訳)ほか多数。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::
はじめに:「合成の時代(シンセティック・エイジ)」が始まる
第1章: 新次元の物質をつくる
第2章: 原子の位置を動かす
第3章: DNAオンデマンド
第4章: 人工生物
第5章: ポストナチュラルな生態系
第6章: 種の移転と復元
第7章: 都市の持つ進化の力
第8章: 太陽を退かせる方法
第9章: 大気のリミックス
第10章: 人工人類
第11章: 未来への選択
おわりに: 野生とテクノロジー

目次

▼はじめに:「合成の時代(シンセティック・エイジ)」が始まる
人類はどこへ向かうのか/自然をつくり変える/
生物圏が技術圏に覆われる/諸刃の剣

▼第1章: 新次元の物質をつくる
あらゆる分野に広がる/驚異的なデータ処理も可能に/
不可能を可能にする/天然と人工を超えて

▼第2章: 原子の位置を動かす
分子製造の熱狂と懸念/暴走グローバルエコファジー/
「べたつく指」「太い指」の問題/二重の人工物

▼第3章: DNAオンデマンド
もっと過激な目標/ミニマルゲノム・プロジェクト/
合成生物学の倫理/「生きる機械」の創造

▼第4章: 人工生物
バイオ産業機械の作業場/巨大ビジネスとリスク/
進化を超えた「デジタルの自然」/立ち止まり、自問するとき

▼第5章: ポストナチュラルな生態系
「自然」とは何か/エコモダンの思考/ヨーロッパの再野生化/
新奇な生態系/環境思想の大転換

▼第6章: 種の移転と復元
「管理された移転」の実験/進化補助・適応促進/野生の自然を操る/対極的な観点/
絶滅種の復元は許されるか/ネアンデルタール人を蘇らせる?/
どの種を保存するのか

▼第7章: 都市の持つ進化の力
都市化する生き物/人工照明に合わせて/やかましくなる海/
市場の力に委ねてはいけない

▼第8章: 太陽を退かせる方法
パーフェクトモラルストーム/太陽放射管理(SRM)/
最も公正なただひとつの方法?/国際協力へ向けて/地球3.0

▼第9章: 大気のリミックス
二酸化炭素除去(CDR)/惑星の優れた健康法/
バイオ燃料と組み合わせて/人類は「神の責任」を担えるか

▼第10章: 人工人類
闇夜に向けた砲弾/肉体を超越する/決断を下すのは誰か

▼第11章: 未来への選択
「人新世」についての議論/自然の気まぐれな力/
先の見えない放浪の旅/開かれた熟議へ

▼おわりに: 野生とテクノロジー

著者プロフィール

クリストファー・プレストン  (クリストファープレストン)  (著/文

モンタナ大学の哲学教授。自然と技術に関わる環境哲学・環境倫理に造詣が深い。
編著『気候正義と地球工学』、単著『グラウンディングナレッジ 環境の哲学・認識論・場所』(ともに未邦訳)など。

松井信彦  (マツイノブヒコ)  (翻訳

翻訳家。マーク・ミーオドヴニク『人類を変えた素晴らしき10の材料』、マット・サイモン『たいへんな生きもの』、
デイヴィッド・ドイッチュ『無限の始まり』(共訳)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。