版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
入所施設だからこそ起きてしまった相模原障害者殺傷事件 河東田博(著/文) - 現代書館
..

入所施設だからこそ起きてしまった相模原障害者殺傷事件 隣人を「排除せず」「差別せず」「共に生きる」ための当事者視点の改革

発行:現代書館
A5判
184ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784768435632
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

相模原事件は入所施設だからこそ起こった大量殺傷事件である。入所施設の実態を歴史的・社会的・構造的に明らかにし、神奈川県から2017年10月に出された「津久井やまゆり園再生基本構想」の問題点をも指摘し、脱施設の道筋を探る。

著者プロフィール

河東田博  (カトウダヒロシ)  (著/文

浦和大学総合福祉学部教授。東京学芸大学教育学部特殊教育学科卒業後、都立施設職員に。スウェーデンへの留学後、立教大学コミュニティ福祉学部教授などを経て現職。著書『スウェーデンの知的しょうがい者とノーマライゼーション』『ヨーロッパにおける施設解体』、『ノーマライゼーション原理とは何か』、訳書『ノーマライゼーションの原理』『ピープルファースト:支援者のための手引き』他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。