版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
市民の義務としての〈反乱〉 梅澤 佑介(著) - 慶應義塾大学出版会
.

市民の義務としての〈反乱〉 イギリス政治思想史におけるシティズンシップ論の系譜

四六判
344ページ
上製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-7664-2682-3
Cコード
C3031
専門 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年5月28日
書店発売日
登録日
2020年4月6日
最終更新日
2020年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

グリーン、ボザンケ、ホブハウスといった日本ではあまりなじみのないイギリス政治思想家たちの、国家論における「市民の義務」としての「抵抗・反乱」の概念の生成を歴史的アプローチによって検証し、その系譜によって20世紀前半最大の政治思想家ハロルド・ラスキの政治思想の可能性に新たな光を当てた意欲作。

目次

序章 「歴史の終わり」?――市民に投与された催眠剤

第一章 忠実な臣民と知的愛国者――T・H・グリーンの「抵抗の義務」論
 第一節 ヴィクトリア時代の思想状況
 第二節 T・H・グリーンと新たな問題

第二章 自己統治のパラドックスを超えて――バーナード・ボザンケの「実在意志」論
 第一節 自己統治のパラドックス
 第二節 実在意志論
 第三節 シティズンシップと政治参加

第三章 調和へと進歩する歴史――L・T・ホブハウスの形而上学的国家論批判
 第一節 自由主義的社会主義
 第二節 形而上学的国家論批判
 第三節 客観主義的権利論と進歩の形而上学
 
第四章 思慮なき服従と反乱の義務――ハロルド・ラスキの多元的国家論
 第一節 国家主権論批判
 第二節 自由論の哲学的前提とペシミスティックな権力観
 第三節 調整権威としての国家

第五章 階級なき社会を目指して――ハロルド・ラスキの唯物史観批判
 第一節 多元的国家論の自己批判
 第二節 三〇年代における多元的国家論の位置づけ
 第三節 マルクス主義受容と「思慮なき服従」論の展開
 第四節 唯物史観批判とユートピア批判

第六章 自発性を計画する――ハロルド・ラスキの「計画民主主義」論
 第一節 同意による革命
 第二節 計画民主主義

終章 シティズンシップの終わるとき

著者プロフィール

梅澤 佑介  (ウメザワ ユウスケ)  (

1987年、神奈川県に生まれる。2018年慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。法学博士。現在、慶應義塾大学法学部・二松学舎大学国際政治経済学部・専修大学法学部・共立女子大学国際学部非常勤講師。専門は西洋政治思想史。

上記内容は本書刊行時のものです。