版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
富栄養化海域における水生生物の環境病理学 吉越 一馬(著/文) - 近代科学社
..
近代科学社Digital

富栄養化海域における水生生物の環境病理学 過酸化脂質含有懸濁物質の病害作用

発行:近代科学社
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ18mm
276ページ
価格 3,600円+税
ISBN
9784764960138
Cコード
C3045
専門 単行本 生物学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年11月27日
書店発売日
登録日
2020年11月21日
最終更新日
2020年11月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、1990年代初頭から二十数年間にわたって行われた、貝類の大量死を中心とする水生生物の病理研究をまとめた書籍です。実験・観察に伴い撮影された貴重な写真を約450点掲載しています。
水生生物の大量死は、生物学的側面から社会情勢まで実に多くのことを物語りますが、巨視的に見れば、富栄養化による海の生態系の崩壊という大きな流れの中で起きていることは確かです。本書では、著者自身による長年のフィールドワークから得られた知見に基づき、富栄養化海域における水生生物の病理研究に新しい理論的枠組を提示します。
自然との共生が強く求められる今、改めて身近な海のあるべき姿を考えるための一つの手がかりを示す一冊です。

目次

第1章 養殖アコヤガイの大量死
第2章 有明海・八代海における二枚貝の大量死
第3章 富栄養化海域における二枚貝の生殖細胞の病変と生殖機能(予察的研究)
第4章 有明海とその近隣海域おけるLPCSSの動態(予察的研究)
第5章 種苗生産過程におけるアワビ稚貝の大量死
第6章 貝類の脂質蓄積症
第7章 富栄養化海域における海藻類の病変

著者プロフィール

吉越 一馬  (ヨシコシ カズマ)  (著/文

1944年新潟県に生まれる。
1967年長崎大学水産学部増殖学科卒業。同大学助手、講師、助教授、教授を経て、2010年名誉教授。
農学博士、水族病理学専攻。

上記内容は本書刊行時のものです。