版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子どもとの関係性を読み解く 教師のためのプロセスレコード 角田豊(著/文 | 編集) - 金子書房
..

子どもとの関係性を読み解く 教師のためのプロセスレコード 学校臨床力を磨く自己省察とグループ省察会

発行:金子書房
B5判
120ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784760824267
Cコード
C3037
専門 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年3月28日
書店発売日
登録日
2019年1月11日
最終更新日
2019年2月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

印象に残った子どもとのエピソードをフォーマットに沿って書いていくことで,かかわり合いの流れをふり返り,自分の内面も含めて客観化する方法を解説。幼・小・中・高・教職科目での実践例を紹介!

【目次】
はじめに

1章 学校臨床力と教師のふり返り(省察)
 1.学校臨床力とは
 2.多様性・個別性・関係性
 3.臨床:個とチーム
 4.安心感
 5.枠組みの大切さ:父性と母性
 6.教師の感性:子ども理解
 7.教師の感性:自己理解
 8.教師と子どもの関係性を読み解く:ふり返り(省察)
 9.教師の自己対峙
 10.最後に「学校臨床力」とは

2章 プロセスレコードによる省察
 1.省察的実践者とは
 2.専門家と専門職(実践者)の違い
 3.省察的実践者の感性:実践知を生む省察力
 4.感性を磨く:ふり返りとしての省察
 5.省察的実践者のまとめ:二つの省察
 6.プロセスレコード

3章 プロセスレコードを書いてみよう
 1.エピソードタイトル
 2.この場面を選んだ理由
 3.子どもの言動
 4.私が感じたこと・考えたこと
 5.私の言動
 6.分析・考察
 7.私がこの場面から学んだこと

4章 自己省察としてのプロセスレコード:実践例
 1.小学校における実践1(A君)
 2.小学校における実践2(B君)
 3.中学校における実践1(C子さん)
 4.中学校における実践2(D君)
 5.高校における実践1(E子さん)
 6.高校における実践2(F子さん)

5章 プロセスレコードによるグループ省察会
 1.グループ省察会の進め方
 2.目的の共有と安心して報告できる場の提供
 3.司会者とスーパーヴァイザー

6章 グループ省察会の実際
 1.小学校における実践1:G君
 2.小学校における実践2:H君
 3.中学校における実践:I子さん

7章 幼稚園現場でプロセスレコードを活用して
 1.幼稚園教師による報告
 2.プロセスレコードを用いた実践2例 
 3.幼稚園教師による考察
 4.「幼稚園現場でプロセスレコードを活用して」のコメント

8章 学部生の教職科目:ロールプレイをプロセスレコードで自己省察する
 1.授業の進め方
 2.ロールプレイの実践例1
 3.ロールプレイの実践例2
 4.ロールプレイの実践例3

おわりに

目次

はじめに

1章 学校臨床力と教師のふり返り(省察)
 1.学校臨床力とは
 2.多様性・個別性・関係性
 3.臨床:個とチーム
 4.安心感
 5.枠組みの大切さ:父性と母性
 6.教師の感性:子ども理解
 7.教師の感性:自己理解
 8.教師と子どもの関係性を読み解く:ふり返り(省察)
 9.教師の自己対峙
 10.最後に「学校臨床力」とは

2章 プロセスレコードによる省察
 1.省察的実践者とは
 2.専門家と専門職(実践者)のちがい
 3.省察的実践者の感性:実践知を生む省察力
 4.感性を磨く:ふり返りとしての省察
 5.省察的実践者のまとめ:二つの省察
 6.プロセスレコード

3章 プロセスレコードを書いてみよう
 1.エピソードタイトル
 2.この場面を選んだ理由
 3.子どもの言動
 4.私が感じたこと・考えたこと
 5.私の言動
 6.分析・考察
 7.私がこの場面から学んだこと

4章 自己省察としてのプロセスレコード:実践例
 1.小学校における実践1(A君)
 2.小学校における実践2(B君)
 3.中学校における実践1(C子さん)
 4.中学校における実践2(D君)
 5.高校における実践1(E子さん)
 6.高校における実践2(F子さん)

5章 プロセスレコードによるグループ省察会
 1.グループ省察会の進め方
 2.目的の共有と安心して報告できる場の提供
 3.司会者とスーパーヴァイザー

6章 グループ省察会の実際
 1.小学校における実践1:G君
 2.小学校における実践2:H君
 3.中学校における実践:I子さん

7章 幼稚園現場でプロセスレコードを活用して
 1.幼稚園教師による報告
 2.プロセスレコードを用いた実践2例 
 3.幼稚園教師による考察
 4.「幼稚園現場でプロセスレコードを活用して」のコメント

8章 学部生の教職科目:ロールプレイをプロセスレコードで自己省察する
 1.授業の進め方
 2.ロールプレイの実践例1
 3.ロールプレイの実践例2
 4.ロールプレイの実践例3

おわりに

文献

索引

著者プロフィール

角田豊  (カクタユタカ)  (著/文 | 編集

1962年生まれ。1991年、京都大学大学院 教育学研究科博士後期課程 教育方法学専攻(臨床心理学)修了。
博士(教育学)、臨床心理士、公認心理師。現在、京都教育大学大学院連合教職実践研究科(京都連合教職大学院)教授・京都産業大学文化学部教授。

上記内容は本書刊行時のものです。