版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北斎絵手本集成 五 永田生慈(著/文 | 監修) - 芸艸堂
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

書店員向け情報

書店注文情報

9784753803170

北斎絵手本集成 五 第5巻

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:芸艸堂
B5変型判
縦257mm 横172mm 厚さ17mm
重さ 580g
234ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-7538-0317-0   COPY
ISBN 13
9784753803170   COPY
ISBN 10h
4-7538-0317-1   COPY
ISBN 10
4753803171   COPY
出版者記号
7538   COPY
Cコード
C0371
一般 全集・双書 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月16日
書店発売日
登録日
2021年4月23日
最終更新日
2021年4月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

葛飾北斎による数多くの画業の中でも、絵手本類(イラストの描き方テキスト)の存在は重要視されています。
本シリーズでは、人物・風俗・風景から動物・草木・虫魚に至るまで、さまざまな切り口で描き方を紹介した木版本を集大成。
収録作品の底本には大変貴重な選りすぐりの木版本を用い、高精細スキャナーにより、彩色摺本(カラーの木版本)・墨摺本(モノクロの木版本)ともに繊細でシャープな描線の再現に成功しました。
また、北斎による各絵手本中の本文を解読した「読み下し文」に加え、書誌、書影、袋を収録。今後の北斎研究にとって必要不可欠な基本資料となること間違いなしです!

本書はシリーズ第5弾です。
『北斎漫画 全』(『卍翁艸筆画譜』)は、江戸時代から、何度も改題され、出版された超ロングセラーの北斎絵手本集です。花鳥、山水、人物などを迫力ある筆遣いで大胆に描き出しています。巻末解説では各版の異なる図も一部収録しました。
『画本彩色通』は、初編、二編からなる二冊の稀観本です。
北斎は本書で自身の画論、道具の使い方や絵の具の溶かし方などの画技を詳しく指導しています。実際の動植物から、水の流れの描き方まで、あらゆるモチーフの作画の秘密を伝えるべくした「巨匠による秘伝書」と言えるでしょう。
各絵手本中の本文解読「読み下し文」を収録し、さらに書誌・書影を掲載。巻末論文として永田生慈氏による「北斎の絵手本について」、「北斎の版本について」を収録しています。

☆全6巻(別巻1)刊行予定☆
◎第1巻(既刊)※以下収載
北斎画式
良美灑筆
伝心開手 北斎画鏡
諸職絵本 新鄙形

◎第2巻(既刊)※以下収載
北斎写真画譜
北斎写真画譜
己痴羣夢多字画尽(前編・後編)
略画早指南(前編・後編)

◎第3巻(既刊)※以下収載
三体画譜
画本早引(前編・後編)
名頭武者部類

◎第4巻(既刊)※以下収載
絵本和漢誉
忠義水滸伝画本
和漢絵本魁
絵本武蔵鐙

◎第5巻(2021年6月刊行予定)※以下収載
北斎漫画 全(卍翁艸筆画譜)
画本彩色通(初編・二編)

◎第6巻(以降順次発売予定)※以下収載
伝神開手 一筆画譜
新形小紋帳
今様櫛きん雛形(上・中・下)

◎別巻 ※以下収載
富嶽百景(初編・二編・三編)

目次

凡例
北斎漫画 全(卍翁艸筆画譜)
画本彩色通 初編
同 初編読み下し
画本彩色通 二編
同 二編読み下し
北斎絵手本集成五 解説
北斎の絵手本について
北斎の版本について
底本の書誌と作品の内容

著者プロフィール

永田生慈  (ナガタ セイジ)  (著/文 | 監修

1951年島根県津和野町に生まれた。

美術史家、美術評論家。

立正大学文学部史学科卒業。その後、浮世絵を専門とする太田記念美術館の設立に携わり、同館副館長兼学芸部長に就任。2008年退任。
小学校の頃より北斎に親しみ、大学在学中には年2回の北斎専門誌を創刊。1990年には出身地の津和野に葛飾北斎美術館を開設し館長を務めた(2015年閉館)。

国内外で多くの北斎展を企画・監修。2016年にはフランスの芸術文化勲章オフィシエを受章した。

『葛飾北斎の本懐』(角川選書 2017年刊)など編・著書多数。2018年2月歿(享年66歳)。

2018年4月、所蔵する北斎とその弟子の作品(コレクション数約2,000点)は、松江市の島根県立美術館に寄贈された。

上記内容は本書刊行時のものです。