版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
柿 今井 敬潤(著) - 法政大学出版局
.
ものと人間の文化史 185

四六判
212ページ
上製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-588-21851-4
Cコード
C0320
一般 全集・双書 歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年1月26日
書店発売日
登録日
2020年10月6日
最終更新日
2021年1月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本の秋の味覚を代表する柿は、海外でもKAKIとして通用し親しまれているが、日本人にとっては古来、単なる果樹ではなく「生活樹」であり、人びとと苦楽を共にする「同伴樹」でもあった。その深く豊かな歴史をたどり、調査・研究の発展をあとづけるとともに、栽培の技術、採取と脱渋(渋抜き)の方法から、「歯固め」や「成木責め」などの民俗・風習、神事とのかかわり、さらには柿渋や用材としての利用法までを明らかにする。

目次

  はじめに

第一章 柿への誘い
  1 柿の特性
  2 渋柿の利用

第二章 歴史的な足どり

  1 租税・献上品として
  2 兵糧として
  3 茶の湯との関わり
  4 『江戸中期農作物産物帳』にみられる品種

第三章 在来品種の調査と研究の発展
  1 明治期の取り組み
  2 明治四五年の柿調査報告書

第四章 地域の暮らし・生業
  1 柿採りの民俗
  2 柿売りの民俗
  3 舟つなぎの木
  4 茶畑にみられる柿
  5 戦争に翻弄された木

第五章 年中行事とのかかわり
  1 健康を願う「歯固め」
  2 豊穣を誓わせる「成木責め」
  3 葉を利用する盆行事
  4 神への捧げもの

第六章 多面的な利用
  1 味わい深い品々
  2 料理の彩りとして
  3 用材として

付 表 全国の柿品種の分布(1甘柿 2渋柿)

参考文献
あとがき

著者プロフィール

今井 敬潤  (イマイ キョウジュン)  (

1949年、岐阜県に生まれる。京都府立大学農学部卒業。大阪府立大学農学部大学院修士課程修了。大阪府立農芸高等学校、同園芸高等学校教諭を経て、現在、大阪府立大学大学院客員研究員、岐阜女子大学非常勤講師。果樹園芸学専攻。学術博士。園芸学会、日本民俗学会、近畿民俗学会、日本民具学会、近畿民具学会の各会員。
著書:ものと人間の文化史166『栗』、同115『柿渋』(以上、法政大学出版局)、『柿の民俗誌』(初版:現代創造社、第二版:初芝文庫)、『くだもの・やさいの文化誌』(文理閣)。
共著:『日本の食文化6 菓子と果物』(吉川弘文館)など。

上記内容は本書刊行時のものです。