版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
崇高の分析論 ジャン=フランソワ・リオタール(著) - 法政大学出版局
.
叢書・ウニベルシタス 1125

崇高の分析論 カント『判断力批判』についての講義録

四六判
376ページ
上製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-588-01125-2
Cコード
C1310
教養 全集・双書 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年12月25日
書店発売日
登録日
2020年11月6日
最終更新日
2021年2月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

哲学史上、美と崇高の主題をめぐる記念碑的なテクストとなった『判断力批判』。理性・悟性・構想力、趣味と合目的性、快と不快、美感的なものと共通感覚などの近代的概念は、超越論的反省のなかで道徳や倫理といかなる関係を結んだのか。晩年のリオタールが、難解で知られる「崇高の分析論」の諸節に焦点をあて、三批判書とともに徹底読解したスリリングな講義録。

目次

凡 例
はじめに
略 号

第一章 美感的反省
 1 体系と感情
 2 トーテゴリーとしての感覚
 3 「主観的な」もの
 4 美感的な時間性
 5 発見的なもの
 6 想 起
 7 理論的および実践的領域における反省とカテゴリー
 8 美感的な領土における反省とカテゴリー

第二章 崇高と趣味の比較
 1 なぜ〈崇高の分析論〉なのか
 2 判断の質および量による美と崇高の比較
 3 活性化
 4 判断の関係(合目的性)および様相による美と崇高の比較
 5 美と崇高の連続性および非連続性

第三章 崇高のカテゴリー的検証
 1 量と大きさ
 2 量から関係を経由して様相へ
 3 数学的なものと力学的なもの
 4 質、ふたたび

第四章 数学的総合としての崇高
 1 「総括」は「測定」される
 2 「合成」は無限である
 3 無限は全体として「総括」されない──恐怖
 4 無限は全体として思考可能である──感激

第五章 力学的総合としての崇高
 1 倫理的媒介による抗争の解消の試み
 2 「弁証法」による抗争の解消の試み
 3 原因と条件づけられたものの力学的総合
 4 崇高な感情における諸感覚の総合の必然性
 5 崇高な総合における時間の諸感覚の異質性

第六章 異質性の複数のしるし
 1 抵 抗
 2 否定的表出
 3 熱 狂
 4 単純さ

第七章 美と崇高における美感的なものと倫理的なもの
 1 適 意
 2 美、善なるものの象徴
 3 論理的な観点から見た美と善の類比
 4 目的論的論証の根幹
 5 能力における関心と実践的なものの優位
 6 崇高なるもののファミリー・ロマンス
 7 美と崇高における目的論
 8 崇高なる犠牲

第八章 趣味の伝達
 1 普遍的伝達の要求
 2 必然的伝達の要求
 3 要求への躊躇
 4 要求を基礎づける原理の位置画定
 5 趣味のアンチノミーの解決
 6 限界‐理念
 7 超感性的基体
 8 伝達の手続き

第九章 崇高な感情の伝達
 1 媒介された伝達
 2 異なる感情
 3 異なる対象
 4 道徳的判断が喚起する美感的感情

訳 註
訳者解説
索 引

著者プロフィール

ジャン=フランソワ・リオタール  (リオタール ジャン フランソワ)  (

(Jean-François Lyotard)
1924年、ヴェルサイユに生まれる。現象学とマルクス(そして後にフロイト)を思想的源泉とし、それらの批判的再検討を通じて政治、経済、哲学、美学など多方面にわたる理論的・実践的活動を展開、20世紀後半のフランスを代表する思想家・哲学者として広く知られる。G.ドゥルーズやF.シャトレとともにパリ第八大学教授を務め、J.デリダとともに国際哲学院を設立し、学院長も務めた。1998年4月死去。邦訳された著書に、『現象学』(白水社)、『ポスト・モダンの条件──知・社会・言語ゲーム』、『聞こえない部屋──マルローの反美学』(以上、水声社)、『こどもたちに語るポストモダン』(ちくま学芸文庫)、『インファンス読解』(未來社)、『リオタール寓話集』、『ハイデガーと「ユダヤ人」』(以上、藤原書店)、『言説、形象(ディスクール、フィギュール)』、『リビドー経済』、『震える物語』、『異教入門──中心なき周辺を求めて』、『文の抗争』、『知識人の終焉』、『熱狂──カントの歴史批判』、『非人間的なもの──時間についての講話』、『遍歴──法、形式、出来事』、『なぜ哲学するのか?』(以上、法政大学出版局)などがある。

星野 太  (ホシノ フトシ)  (

1983年生まれ。専攻は美学、表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、早稲田大学社会科学総合学術院専任講師。著書に『崇高の修辞学』(月曜社)、共編著にThe Sublime and the Uncanny(UTCP)、共著に『ことばを紡ぐための哲学』(白水社)、共訳書にメイヤスー『有限性の後で』(人文書院)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。