版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
明治神宮 内と外から見た百年 今泉 宜子(著/文) - 平凡社
..

書店員向け情報

平凡社新書

明治神宮 内と外から見た百年 986 鎮守の森を訪れた外国人たち

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:平凡社
新書判
336ページ
定価 940円+税
ISBN
978-4-582-85986-7   COPY
ISBN 13
9784582859867   COPY
ISBN 10h
4-582-85986-0   COPY
ISBN 10
4582859860   COPY
出版者記号
582   COPY
Cコード
C0214
一般 新書 宗教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月15日
書店発売日
登録日
2021年7月22日
最終更新日
2021年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

《目次》
はじめに
序章 明治神宮の誕生
第一章 世界が空に夢中だったころ
1、航空界の夜明け
2、空の大航海時代
3、親善の翼から航空戦力へ
第二章 独立運動の志士は祈った──革命家たち
1、鎮座二十年、皇紀二千六百年、幻のオリンピック
2、亡命タタール人が榊に託した日本との未来
3、大東亜会議の独立主義者と日本の結節点

1945│敗戦と明治神宮

第三章 スポーツの戦後と外苑の行方──占領者たち
1、明治神宮とGHQの人々
2、戦後スポーツの復活
3、その場所は誰のものか
第四章 絵画館にみる美術と戦争──続・占領者たち
1、外苑聖徳記念絵画館の戦争画
2、占領下の絵画館とCIEの態度
3、美術をめぐる占領政策

1958│明治神宮の戦後復興

第五章 祖国への眼差し──日系移民たち
1、海の向こうから戦後復興を支えた移民たち
2、カリフォルニアのライス・キング国府田敬三郎の闘い
3、日系ブラジル移民と神社人たちの戦後史
1964│明治神宮とオリンピック

第六章 参拝の向こう側──大統領たち
1、国賓、外国人元首、王族たち
2、アメリカ大統領の参拝と明治天皇
3、チェコスロヴァキア大統領の訪日と大阪万博
4、平成・令和の即位礼と外賓たち

2020│100年目の明治神宮──結びにかえて

参考文献
[附録年表]?明治神宮を訪れた主な外国人たち 1920―2020

《概要》
二〇二〇年十一月一日、明治神宮は鎮座百年祭を静かに迎えた。
近年、参拝者の多くを外国からの訪問客が占めるこの森は、
日本における世界の窓、世界における日本の窓でもある。
飛行機乗り、革命家、占領者、日系移民、大統領など、
百年のあいだに明治神宮を通り過ぎていった外国人たち。
明治神宮を舞台に、日本と世界が交錯する百年の物語。

目次

はじめに
序章 明治神宮の誕生
第一章 世界が空に夢中だったころ
1、航空界の夜明け
2、空の大航海時代
3、親善の翼から航空戦力へ
第二章 独立運動の志士は祈った──革命家たち
1、鎮座二十年、皇紀二千六百年、幻のオリンピック
2、亡命タタール人が榊に託した日本との未来
3、大東亜会議の独立主義者と日本の結節点

1945│敗戦と明治神宮

第三章 スポーツの戦後と外苑の行方──占領者たち
1、明治神宮とGHQの人々
2、戦後スポーツの復活
3、その場所は誰のものか
第四章 絵画館にみる美術と戦争──続・占領者たち
1、外苑聖徳記念絵画館の戦争画
2、占領下の絵画館とCIEの態度
3、美術をめぐる占領政策

1958│明治神宮の戦後復興

第五章 祖国への眼差し──日系移民たち
1、海の向こうから戦後復興を支えた移民たち
2、カリフォルニアのライス・キング国府田敬三郎の闘い
3、日系ブラジル移民と神社人たちの戦後史
1964│明治神宮とオリンピック

第六章 参拝の向こう側──大統領たち
1、国賓、外国人元首、王族たち
2、アメリカ大統領の参拝と明治天皇
3、チェコスロヴァキア大統領の訪日と大阪万博
4、平成・令和の即位礼と外賓たち

2020│100年目の明治神宮──結びにかえて

参考文献
[附録年表] 明治神宮を訪れた主な外国人たち 1920―2020

著者プロフィール

今泉 宜子  (イマイズミ ヨシコ)  (著/文

今泉 宜子:1970年岩手県生まれ。明治神宮国際神道文化研究所主任研究員。東京大学教養学部比較日本文化論学科卒業後、雑誌編集者を経て、國學院大學で神道学を専攻。2000年より明治神宮に奉職。07年、ロンドン大学SOASにおいて明治神宮に関する学位論文で博士号(学術)を取得。著書に『明治神宮 戦後復興の軌跡』(鹿島出版会)、『明治神宮  「伝統」を創った大プロジェクト』(新潮選書)、『明治日本のナイチンゲールたち 世界を救い続ける赤十字「昭憲皇太后基金」の100年』(扶桑社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。