版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古代スラヴ語の世界史 服部 文昭(著/文) - 白水社
..

古代スラヴ語の世界史

発行:白水社
四六判
216ページ
定価 2,600円+税
ISBN
9784560088647
Cコード
C3087
専門 単行本 各国語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年11月27日
最終更新日
2019年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古代スラヴ語から読み解く東欧の歴史

 古代スラヴ語とは、西暦9世紀の後半から11世紀末にかけて、当時のスラヴ人が文章語として用いた言葉。自分たちの言葉を教会の典礼言語として整えるためにグラゴール文字が作られ、そしてキリル文字へと変わっていった過程をたどります。さらに、スラヴの言語は、歴史と共にどのように変化していったのか。なぜ、キリル文字を使う言語とラテン文字を使う言語に分かれているのか。言葉と文字の変遷から東欧の基礎的な成り立ちが見えてきます。

著者プロフィール

服部 文昭  (ハットリ フミアキ)  (著/文

京都大学大学院人間・環境学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。