版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
相対化する知性 西山圭太(著/文) - 日本評論社
..
詳細画像 0

相対化する知性 人工知能が世界の見方をどう変えるのか

発行:日本評論社
四六判
360ページ
定価 2,700円+税
ISBN
9784535559073
Cコード
C3040
専門 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月25日
書店発売日
登録日
2019年12月28日
最終更新日
2020年3月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-05 読売新聞  朝刊
評者: 瀧澤弘和(中央大学教授、経済学者)

紹介

人工知能と人間が共存する社会において、知性をどう認識し、人間はどのように生きればよいのか。3名の著者がこの問題を論じる。

目次

第1部 人工知能とは

 1章 人工知能のこれまで
 2章 ディープラーニングとは何か
 3章 ディープラーニングによる今後の技術進化
 4章 消費インテリジェンス
 5章 人間を超える人工知能

第2部 人工知能と世界の見方

 1章 人工知能が「世界の見方」を変える
 2章 認知構造はどう変わろうとしているのか
 3章 強い同型論
 4章 強い同型論で知能を説明する
 5章 我々の「世界の見方」はどこからきてどこに向かうのか

第3部 人工知能と人間社会

 1章 人工知能と人間社会
 2章 自由主義の政治哲学が直面する課題
 3章 人工知能とイノベーションの正義論
 4章 世代間資産としての正義システム
 5章 自由の根拠としての可謬性

著者プロフィール

西山圭太  (ニシヤマ ケイタ)  (著/文

経済産業研究所コンサルティングフェロー、経済産業省商務情報政策局長

松尾 豊  (マツオ ユタカ)  (著/文

東京大学大学院工学系研究科教授

小林慶一郎  (コバヤシ ケイイチロウ)  (著/文

慶應義塾大学経済学部客員教授、公益財団法人東京財団政策研究所研究主幹

上記内容は本書刊行時のものです。