版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プロフェッショナル経営参謀 杉田 浩章(著/文) - 日経BP 日本経済新聞出版本部
..
詳細画像 0

プロフェッショナル経営参謀

四六判
312ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784532323424
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月15日
最終更新日
2020年5月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

先が見えないVUCAの時代、経営トップも意思決定の難しさに頭を悩ませている。
そんなトップに対して、違う視点からの問題提起を行い、議論を活性化させ、
時には周囲と衝突しがらも、より質の高い意思決定へと導いていくのが、
いま求められている「経営参謀」の仕事だ。

戦略コンサルファームとして数多くの企業の意思決定を支えてきた
ボストン コンサルティング グループの日本代表が、
経営参謀の果たすべき役割を分析し、明らかにしたのが本書である。

センスのある参謀とない参謀は、なにが違うのか。
筋が良さそうなロジックが、途中でつまずくのはなぜなのか。
なぜ、突然議論の方向性がトップのひとことで変わってしまうのか。
精鋭を集めたはずのメンバーにもかかわらず、停滞してしまう原因は何なのか。
いつまでたっても議論が積み上がらないのはなぜなのか。
そのとき、参謀は何をすべきなのか。

数々の現場で参謀たちと仕事をし、また自らも参謀的な役割を果たしてきた
著者だからこそ書けるノウハウや心得を具体的に説明。
企業からの依頼で参謀向けの研修や講義も多数行っており、
その経験も本書に盛り込まれている。

真のプロフェッショナルとして、そして未来の経営トップとして
読んでおくべき「教科書」である。

目次

【第1章】経営参謀の仕事とは何か?
【第2章】センスのない参謀のケース――典型的なコケる10のパターンからの学び
【第3章】課題と論点の見立て--解くべき課題を設定し、潰していくべき論点の粒度と順序を見極める
【第4章】意思決定シナリオのデザイン--意思決定のメカニズムを読み、プロセスを組み立てる
【第5章】議論の誘発--考えさせられる材料と質問の突きつけで刺激する
【第6章】参謀としてのセンスに必要な能力
【第7章】明日からでもできるトレーニング

著者プロフィール

杉田 浩章  (スギタ ヒロアキ)  (著/文

ボストンコンサルティンググループ日本代表
東京工業大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。株式会社日本交通公社(JTB)を経て現在に至る。消費財、流通、サービス、メディア等の業界を中心に、事業立ち上げ及び再構築、マーケティング戦略策定・実行支援、営業改革、組織・人事改革、グループマネジメント等のコンサルティングを数多く手掛けている。BCG Worldwide Consumer Practice Group (消費財/流通分野に関するエキスパートグループ)のコアメンバー。

上記内容は本書刊行時のものです。