版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国語における「流水文」の研究 「一つの文」とは何か 橋本陽介(著/文) - 東方書店
..

中国語における「流水文」の研究 「一つの文」とは何か

発行:東方書店
A5判
264ページ
定価 4,000円+税
ISBN
9784497220202
Cコード
C3087
専門 単行本 各国語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年11月30日
書店発売日
登録日
2020年10月31日
最終更新日
2020年11月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中国語では比較的独立した節が次々に付加される形で展開し、「一つの文」が形成されていることが多い。欧米言語や日本語では「一つの文」で表せない、この「流れる水のよう」に叙述を展開していく「流水文」について、1980年以降の小説とその日本語訳を例に検証し、構造と特徴を明らかにする。

目次


第一章 「流水文」の先行研究と連続構造
第二章 時間軸に沿って継起的に起こる出来事と連続構造
第三章 性質・状態性叙述の標点節を含む連続構造
第四章 判断、説明、評価と連続構造
第五章 「流水文」とその修辞的特徴
第六章 日本語の「長い文」の規範
第七章 歴史的経緯素描
付録 現代中国語における“是”の文脈における機能
結論

著者プロフィール

橋本陽介  (ハシモトヨウスケ)  (著/文

1982年埼玉県生まれ。慶應義塾志木高等学校卒業。慶應義塾大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程単位取得。博士(文学)。専門は、中国語を中心とした文体論、テクスト言語学。現在、お茶の水女子大学基幹研究院助教。著書に『物語における時間と話法の比較詩学 日本語と中国語からのナラトロジー』(水声社、2014年)、『越境する小説文体 意識の流れ、魔術的リアリズム、ブラックユーモア』(水声社、2017年)、『物語論 基礎と応用』(講談社選書メチエ、2017年)、『中国語実況講義』(東方書店、2020年)、『「文」とは何か 愉しい日本語文法のはなし』(光文社新書、2020年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。