版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
論語と算盤 : 現代語訳 守屋 淳(訳) - 筑摩書房
...
ちくま新書

論語と算盤 : 現代語訳

発行:筑摩書房
縦18mm
249ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-480-06535-3
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年2月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-20 日本経済新聞  朝刊
評者: 岩田義浩(ポッカサッポロフード&ビバレッジ社長)
2019-05-19 毎日新聞  朝刊
評者: 片桐庸夫(群馬県立女子大学名誉教授)
2010-05-02 東京新聞/中日新聞
評者: 中沢けい(法政大学教授)

紹介

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。

目次

第1章 処世と信条
第2章 立志と学問
第3章 常識と習慣
第4章 仁義と富貴
第5章 理想と迷信
第6章 人格と修養
第7章 算盤と権利
第8章 実業と士道
第9章 教育と情誼
第10章 成敗と運命

上記内容は本書刊行時のものです。