版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
花火と一緒に散ったのは、あの夏の記憶だった 邑上主水(著) - アルファポリス
.
アルファポリス文庫

花火と一緒に散ったのは、あの夏の記憶だった

文庫判
320ページ
並製
価格 640円+税
ISBN
978-4-434-24798-9
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年6月
書店発売日
登録日
2018年6月15日
最終更新日
2018年6月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

奇跡のラストに涙が止まらない! 号泣必至の青春恋愛ミステリー! 事故で陸上競技を断念した杉山秀俊(すぎやまひでとし)は、新聞部で腐った日々を送っていた。そんな彼に、クラスメイトの霧島野々葉(きりしまののは)は毎日のようにまとわりついてくる。頭がよくて、他校にも知られるほど可愛い彼女だが、秀俊には単なる鬱陶しい存在だった。あるとき、秀俊は新聞部の企画で、都市伝説「記憶喰い」を取材することになる。「記憶喰い」とは、嫌な思い出を「食べて」、忘れさせてくれる存在らしい。そんな秀俊のもとに、企画を知った野々葉がやってきて告げた。「実は私、記憶喰いに記憶を食べてもらったことがあるんだ」

著者プロフィール

邑上主水  (ムラカミモンド)  (

サラリーマン業の傍ら、WEBを中心に執筆活動を開始し、2016年「強くてニューゲーム!~とある人気実況プレイヤーのVRMMO奮闘記~」でデビュー。ゲームと読書と自転車が大好き。

上記内容は本書刊行時のものです。