版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
泥酔文学読本 七北数人(著/文) - 春陽堂書店
..

泥酔文学読本

発行:春陽堂書店
四六判
256ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784394190011
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年5月
書店発売日
登録日
2019年4月3日
最終更新日
2019年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-21 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

酒と文学はよく似ている――
陶酔を誘う文学と酒は、ともに摂取した者を別世界へ連れて行ってくれる。
酒も文学も、その世界の心地よさにハマってしまうと、抜け出せなくなる。
だから、読み続けるしかない、飲みつづけるしかない……
古今東西の文学作品に描かれてきた、様々なる酒と多様なる酔い方を紹介。
すべての文学と酒愛好家に送る珠玉のエッセイ!!

目次

Ⅰ 泥酔する作家たち
Ⅱ 物語のなかのアルコール
Ⅲ 泥酔の文学史
Ⅳ 酩酊のその先へ……

著者プロフィール

七北数人  (ナナキタカズト)  (著/文

1961年9月23日名古屋市生まれ。大阪大学文学部卒。
出版社勤務をへて、90年頃から文芸評論活動を始め、『坂口安吾全集』の編纂にも関わる。
主な著書に、『評伝坂口安吾 魂の事件簿』(集英社、2002年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。