版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
若化! 医師が見つけた若返る3つの魔法 宇野克明(著/文) - ごま書房新社
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日教販
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784341087913

若化! 医師が見つけた若返る3つの魔法 医師が見つけた若返る3つの魔法

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-341-08791-3   COPY
ISBN 13
9784341087913   COPY
ISBN 10h
4-341-08791-6   COPY
ISBN 10
4341087916   COPY
出版者記号
341   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年6月
書店発売日
登録日
2021年4月30日
最終更新日
2021年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世界的ブームが予想される長寿健康物質「NMN(エヌエムエヌ)」にいち早く注目!
医師による詳しい解説を緊急出版。

長寿遺伝子「サーチュイン」を働かせる物質として、日本でも芸能人、有名人が取り入れはじめているNMNのほか、最新の「若返り術」を、豊富な図版とともにオールカラーで解説。

医療系学術団体『JAAS日本アンチエイジング外科学会』の一研究部門『ネオエイジング分科会』は、2018年に新たな若返り医療プロジェクト『ネオエイジング(NEO AGING)』を静かにスタートさせた
(注:医療プロジェクトとしたのは、世に氾濫するサプリメント類や、民間療法レベルで行われている若返り療法などとは明確に区別するため)。
そして、そこでの研究と臨床への応用によって数多の医学的知見をもたらし、治療を受けた人々に確たる恩恵を与えることになった。
そして、いまやこのプロジェクトが、人々が待ち望む〝若返り・健康長寿〟に対して、数々の医療手段を提示しはじめたのだ。
不遜な言い方かもしれないが、本書の内容をぜひご覧になって、悲願であった若返り・健康長寿の実現に〝運よく間に合った〟と実感してほしい。

前書きなど

これまで私たちはアンチエイジングと称して老化に抗い、闘ってきた。
そしてある日、一つのことに気がついた。もしや、「老化」の反対(対義語)は、「若化(じゃっか)」ではないか。
加齢に抗っているだけでは、いつまで経っても真の若さに近づけない。敢えて逆行させることで、始めて「若化」が獲得できるのではないか、と。
本書は、抗いつつもやむなく老化を受け入れてきた現状から、少しでも若く健康なからだに近づくための方策を述べた一冊である。
本書ではそれを〝若返りの源流対策〟と称し、3つのゲノム系の若化医療「3Genome’s for NEOAGING(スリーゲノムス・フォー・ネオエイジング」について述べていく。
なぜ、若返りの源流対策が必要なのか。
それは、私たちの生命と若さの根本を3つのゲノム(源流)が陰で支えているからだ。
では、3つのゲノムとはなにを意味するのか、まずはそれから簡単に説明していこう。

❶ゲノム(ヒトの細胞核に備わる遺伝子DNA:略称nDNA)
❷ミトコンドリアゲノム(ミトコンドリア固有の遺伝子DNA:略称mtDNA)
❸エピゲノム(ゲノムにつけ足される、二次的な遺伝情報)

若返りにもっとも重要な源流が、❶のゲノムだ。
ゲノムとはヒトの細胞核に備わった遺伝子DNAのことであり、このゲノムが適切に機能しないと、ヒトの命も若返りもすべてが成りたたない。
次になにが必要か。そう、エネルギーの供給だ。その役目をはたすのが、2番目に重要な❷ミトコンドリアゲノムだ。これは細胞の中にある小器官、ミトコンドリアに備わっている固有のDNAだ。

本書では、この二つのゲノムを古典的な若返りの源流として話を進める。
そして近年、新たにもう一つの源流が加わった。
それが3番目に重要なエピゲノムだ。
エピゲノムとは細胞核のゲノム配列につけ足される遺伝情報のことだ。
その概念を「エピジェネティクス」という。
この概念が遺伝学に新たなパラダイムシフトをもたらすことになっていく。

※NMN「ニコチンアミド モノ ヌクレオチド」は、これまではヒトのエネルギーを産出するミトコンドリアを活性化させる物質として知られていました。
ブロッコリーや母乳に少量含まれます。

著者プロフィール

宇野克明  (ウノカツアキ)  (著/文

医師・医学博士(外科・腫瘍免疫学・細胞生物学)
JAAS日本アンチエイジング外科学会 ネオエイジング分科会 学術顧問
1986年東海大学医学部卒業。
(臨床・研究歴)86年東京女子医科大学第二外科、88年杏林大学医学部第一外科、
2001年東海大学医学部外科、04年哈爾浜医科大学名誉教授。
(現職)14年医療法人社団東京MITクリニック理事長・院長に就任。
ケセラパートナーズ代表兼任。紺綬褒章(2016~2020年)

上記内容は本書刊行時のものです。