版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
SDGs時代の 持続学のすすめ 行本 正雄(著/文 | 編集) - コロナ社
..

SDGs時代の 持続学のすすめ あてになる人間への挑戦

発行:コロナ社
A5判
144ページ
定価 1,900円+税
ISBN
9784339066500
Cコード
C3040
専門 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年2月
書店発売日
登録日
2019年12月6日
最終更新日
2020年1月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

持続可能な社会を構築していくには,自分の専門分野を深めるだけでなく,関連する学際研究,教養や文化も学ぶことが大切である。本書ではそのような多面的な考え方を身につけ,昨今の多様かつ複雑な社会問題を解決していく力を養う。

★主要目次★
1. SDGs時代におけるESDの役割
 1.1 「持続可能な開発(発展)」とは何か
 1.2 ESDのなりたち
 1.3 国連「ESDの10年」の開始
 1.4 日本の公教育におけるESDの推進
 1.5 国連SDGsの開始
 1.6 SDGs達成に向けたESDの役割
 1.7 持続学への期待
2. 地球と生命40億年の持続
 2.1 地球と生命の共進化― 40億年間持続した命のバトンタッチ ―
 2.2 二酸化炭素は地球に何をしてきたのか― 地球を巡る炭素の旅 ―
 2.3 「人間とは何か」に迫る持続学
3. 安心して暮らせる生態系サービスの持続
 3.1 身近な森林のいま
 3.2 人工林(生産林)はそもそも手がかかる
 3.3 所有者の問題,森林の歴史
 3.4 森林荒廃の歴史
 3.5 近代における木材需要の変化
 3.6 今後も生態系サービスを享受するには
4. 住宅・建築の省エネルギーと持続
 4.1 住宅のエネルギー消費
 4.2 ビルのエネルギー消費
 4.3 住宅・建築の省エネルギーについて
 4.4 実態を理解して持続可能な社会に
5. 資源循環と持続
 5.1 わが国の物質フロー
 5.2 廃棄物と資源の違い
 5.3 3R社会とプラスチックリサイクル
 5.4 エネルギーの自給とバイオマス利活用
 5.5 未来への期待
6. 経済のグローバル化時代における民主主義・人権の行方
 6.1 グローバル経済の発展と市場優先による社会秩序の崩壊
 6.2 種子を巡る紛争 ― 多国籍企業対農民と地域共同体の攻防
 6.3 生命特許の始まり
 6.4 問題の歴史的原因を探る
7. “人(ひと・ヒト)”が生きる・生活するための持続
 7.1 ヒトの持続
 7.2 ひとが生きる持続
 7.3 人と社会の持続
 7.4 “持続”は誰のためにあるのか
8. 健康・ライフスタイルと持続
 8.1 健康とは
 8.2 生活習慣病とは
 8.3 食事の意義
 8.4 喫煙の弊害
 8.5 飲酒の問題
 8.6 大学生の生活習慣と依存

目次

1. SDGs時代におけるESDの役割
1.1 「持続可能な開発(発展)」とは何か
1.2 ESDのなりたち
1.3 国連「ESDの10年」の開始
1.4 日本の公教育におけるESDの推進
1.5 国連SDGsの開始
1.6 SDGs達成に向けたESDの役割
1.7 持続学への期待
引用・参考文献

2. 地球と生命40億年の持続
2.1 地球と生命の共進化― 40億年間持続した命のバトンタッチ ―
 2.1.1 地球は宇宙のどこに誕生したのか
 2.1.2 地球生命はどのように誕生したのか
 2.1.3 地球の酸素はどのようにもたらされたのか
 2.1.4 進化と絶滅の歴史
2.2 二酸化炭素は地球に何をしてきたのか― 地球を巡る炭素の旅 ―
 2.2.1 温室効果と二酸化炭素
 2.2.2 過去から未来へ― 温室効果と地球生命の持続 ―
 2.2.3 地球規模の長期的炭素循環
2.3 「人間とは何か」に迫る持続学
引用・参考文献

3. 安心して暮らせる生態系サービスの持続
3.1 身近な森林のいま
3.2 人工林(生産林)はそもそも手がかかる
3.3 所有者の問題,森林の歴史
3.4 森林荒廃の歴史
3.5 近代における木材需要の変化
3.6 今後も生態系サービスを享受するには
引用・参考文献
コラム3.1 微生物と持続社会
コラム3.2 ビタミンの話

4. 住宅・建築の省エネルギーと持続
4.1 住宅のエネルギー消費
 4.1.1 冷暖房
 4.1.2 給湯
 4.1.3 家電
4.2 ビルのエネルギー消費
 4.2.1 空調設備
 4.2.2 給排水
 4.2.3 電気設備
4.3 住宅・建築の省エネルギーについて
 4.3.1 冷暖房の省エネルギー
 4.3.2 給湯装置の省エネルギー
 4.3.3 太陽光発電システム
 4.3.4 ZEB,ZEHとは何か
4.4 実態を理解して持続可能な社会に
引用・参考文献
コラム4.1 持続学の観点からエネルギー利用を考える

5. 資源循環と持続
5.1 わが国の物質フロー
5.2 廃棄物と資源の違い
5.3 3R社会とプラスチックリサイクル
5.4 エネルギーの自給とバイオマス利活用
5.5 未来への期待
引用・参考文献
コラム5.1 アメリカのエネルギー事情とエネルギー政策

6. 経済のグローバル化時代における民主主義・人権の行方
6.1 グローバル経済の発展と市場優先による社会秩序の崩壊
6.2 種子を巡る紛争 ― 多国籍企業対農民と地域共同体の攻防
6.3 生命特許の始まり
6.4 問題の歴史的原因を探る
引用・参考文献

7. “人(ひと・ヒト)”が生きる・生活するための持続
7.1 ヒトの持続
7.2 ひとが生きる持続
7.3 人と社会の持続
7.4 “持続”は誰のためにあるのか
引用・参考文献

8. 健康・ライフスタイルと持続
8.1 健康とは
8.2 生活習慣病とは
8.3 食事の意義
8.4 喫煙の弊害
 8.4.1 ニコチン依存
 8.4.2 慢性閉塞性肺疾患
8.5 飲酒の問題
8.6 大学生の生活習慣と依存
引用・参考文献

あとがき
索引

上記内容は本書刊行時のものです。