版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
怒号の日々 リン・オルスン(著/文) - 国書刊行会
..

書店員向け情報

怒号の日々 リンドバーグとルーズベルトの闘い 大戦前夜1939-1941

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:国書刊行会
A5判
縦216mm 横159mm 厚さ41mm
重さ 820g
624ページ
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-336-07059-3   COPY
ISBN 13
9784336070593   COPY
ISBN 10h
4-336-07059-8   COPY
ISBN 10
4336070598   COPY
出版者記号
336   COPY
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月13日
書店発売日
登録日
2021年8月30日
最終更新日
2021年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

真珠湾前夜、そのときもアメリカは分断されていた!
第二次大戦におけるアメリカ参戦をめぐる大論争――国を真っ二つに割り、最終的に自由世界の運命を決めることとなったこの論議の中央には、当時アメリカでもっとも有名だった二人の人物が立っている。介入主義の大義を奉ずるフランクリン・D・ルーズベルト大統領と、その最大の敵として現れる孤立主義者の非公式リーダーにしてスポークスマン、飛行家のチャールズ・リンドバーグである。ワシントンでは、空軍参謀長を含む高級将官たちがルーズベルトの親英政策を妨害する一方、ルーズベルトはリンドバーグなどの介入主義反対者の盗聴をFBIに許していた。同時に、大統領の承認のもと、イギリスの秘密工作員が反戦グループをスパイし、議会の孤立主義者の汚点を暴き、アメリカの新聞にプロパガンダを植えつけていた。ドイツがヨーロッパの大半を制覇したあと、アメリカは伝統的な孤立主義と、単独でヒトラーと戦うイギリスへの早急な援助要請の狭間で分裂していた。介入をめぐる戦いは、ルーズベルトが言うとおりペテンと陰謀に満ちた「汚辱の争い」だった。本書は1939年から1941年にわたり、真珠湾攻撃へと導かれる時期の合衆国内のその憎しみ合いを生き生きと再現、その「殴り合い」の細部を描き、民主主義の未来とアメリカの世界における役割が共に不安定であった時代を鮮やかに想起させる。

「この心動かされる本で著者は、第二次世界大戦の政治、外交についての現代最高水準の記録者である地位を固めた。本書は当時アメリカを二分した、ヒトラーを阻むべきなのか、いかにして阻むのかの論争について驚くべき物語を語ってくれた。興味深いエピソードと鋭い切り口で、今日でも悩ませる道義的かつ現実的な設問を提示する。この本は歴史を学ぶものと一般の読者双方の必読書である」。
                              マデレーン・K・オルブライト、元合衆国国務長官

目次

はじめに
第一章   現代の聖騎士
第二章   馬鹿だったね、みんな
第三章   わたしの居場所は?
第四章   それは採決を通らない
第五章   この戦争は身近にせまってきた
第六章   文字通りの綱渡り
第七章   妄想症は感染する
第八章   世論操作のテクニック
第九章   戦争―ぼくたちに関係あるのかい?
第十章   どうして国を守ろうとしないのか?
第十一章  わが大使のなかで最高の人物
第十二章  土壇場の勝利
第十三章  議会は大騒動になりそうだ
第十四章  第一にアメリカ人、それから共和党員
第十五章  アメリカ兵は行くものか
第十六章  作家仲間にとってのペスト菌
第十七章  国家の恥辱
第十八章  みなさん、イギリスは破産しました
第十九章  時間との勝負
第二十章  報復
第二十一章 総統はあなたの忠誠心に感謝しています
第二十二章 危機はどこにあるの?
第二十三章 プロパガンダ……たっぷり甘味を利かせて
第二十四章 反ユダヤの土壌をつくる
第二十五章 大統領は参戦をリードしようとしなかった
第二十六章 史上最大のスクープ
第二十七章 殴り倒してやろうぜ
第二十八章 余波
謝辞
訳者あとがき
チャールズ・リンドバーグのデモイン演説(全文)
参考資料(関連年表、主要登場人物、登場する主な組織名)
参考文献
原注
索引

著者プロフィール

リン・オルスン  (リンオルスン)  (著/文

アメリカのニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家、
歴史家、ジャーナリスト。
1949年ハワイ生まれ、1969年アリゾナ大学卒業。
作家活動以前、AP 通信にてニューヨーク、モスクワ、ワシ
ントン勤務。その後ボルティモア・サンにて、国政、ホワ
イトハウスなどを担当。
現在、共著のある夫、著作家のスタンリー・クラウドとワ
シントンに居住。
オルスンの著書の多くは、第二次大戦の真実とイギリスと
の決定的役割に迫るもので、元国務長官のマドレーン・オ
ルブライトは彼女のことを「第二次大戦時の政治、外交に
関する第一級の記録者」と呼んでいる。

河内隆弥  (コウチタカヤ)  (翻訳

現代史翻訳。1935年上海生まれ、小罇商大卒、旧東京銀行海外支店長歴任。
訳書に、パトリック・ブキャナン『超大国の自殺』(幻冬舎、2012年)、同『不必要だった二つの大戦』(国書刊行会、2013年)、イアン・カーショー『運命の選択 1940-41(上)(下)』(白水社、2014年)、ジョナサン・フェンビー『奇妙な同盟(Ⅰ)(Ⅱ)』(藤原書店、2018年)、A・ J・ ベイム『まさかの大統領』(国書刊行会、2018年)。

上記内容は本書刊行時のものです。