版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヴィジュアル版 化粧の世界 リサ・エルドリッジ(著/文) - 国書刊行会
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

ヴィジュアル版 化粧の世界 化粧と化粧品の物語

発行:国書刊行会
A4変型判
縦260mm 横210mm 厚さ20mm
重さ 940g
240ページ
定価 5,800円+税
ISBN
9784336065698
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年11月27日
書店発売日
登録日
2020年10月30日
最終更新日
2020年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

氷河期以来、人は色鮮やかな顔料を使い、工夫を凝らして化粧をしてきた。
だが、人はなぜ化粧をするのだろうか。
古代から現代までの化粧と化粧品の歴史を、第一線で活躍するメイクアップアーティスト、リサ・エルドリッジが調査研究し、集大成した1冊。

第1部では、古代の化粧に注目し、赤、白、黒の3色をテーマに、化粧品の原材料、化粧する理由、古代の化粧観などに触れる。
第2部では一大産業と化した化粧産業に関して、メディアの発達、美容のパイオニアたちの登場、各化粧アイテムやブランドの発祥と発展、化粧品研究の最先端という観点から言及していく。
また化粧の本質や魅力を明らかにし、社会情勢、宗教、ファッションなどさまざまな影響で変化する女性観についても論じている。
著者は、各章に選りすぐりの「化粧の女神」、また興味深い「コラム」とともに、美しい挿絵、写真を数多く織り交ぜている。

目次

はじめに
プロローグ フェイスペイント
第1部
古代の色
赤:不滅の美
白:化粧の政治学
黒:黒の美
第2部
化粧産業
メディアとモチベーション:夢を創る
美容のパイオニアたち:先見性とアメリカのヤマ師
化粧ポーチの中の歴史:素朴な化粧からグローバルブランドへ
開発の最先端:未来へ
あとがき:顔を真似る

著者プロフィール

リサ・エルドリッジ  (リサエルドリッジ)  (著/文

美容業界で最も経験豊かなメイクアップアーティストのひとり。彼女がメイクを手掛けた著名人は、ケイト・ウィンスレット、ケイティ・ペリー、キーラ・ナイトレイ、エマ・ワトソンなど世界的女優や歌手が名を連ねる。その専門技術やメイクアドバイスは、人気のテレビ番組から一流のファッション誌に至るまで、あらゆる媒体で取り上げられ、主催するメイクレッスンは絶大な人気を誇る。ファッションショー(クロエ、プラダなど)への参加多数。現在は、ランコムのグローバル・メイクアップ・クリエイティブ・ディレクターのかたわら、資生堂とともにメイクアップ製品の開発を手掛ける。

加藤恵理子  (カトウエリコ)  (翻訳

東京女子大学短期大学部英語科卒業。アメリカに留学。

水谷富久子  (ミズタニフクコ)  (翻訳

東京女子大学文理学部英米文学科卒業。

上記内容は本書刊行時のものです。