版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新たなマイノリティの誕生 ジャスティン・ゲスト(著/文) - 弘文堂
..

新たなマイノリティの誕生 声を奪われた白人労働者たち

発行:弘文堂
四六判
406ページ
定価 2,900円+税
ISBN
9784335460388
Cコード
C3031
専門 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年4月12日
最終更新日
2019年5月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-20 日本経済新聞  朝刊

紹介

彼らがポピュリズムを、そして極右を支持するのは、理由がある。

 アメリカにおけるトランプ政権誕生とイギリスのEU離脱を支持し、その原動力となったといわれる「白人労働者階級」の人々。かつてミドルクラスとしての、そして各国における正真正銘のマジョリティとしての地位を占めていた彼らは、いかにして「新たなマイノリティ」となったのか。そして彼らはいったい何に対して憤り、いかにしてポピュリズム政治を駆動させるのかーー。本書は、英イーストロンドンと米オハイオ州ヤングスタウンという見棄てられた二都市で、喪失感に苛まれる白人労働者たちの生の声を収録した膨大なインタビューデータとサーヴェイデータにより、既存の政党政治によってはその声を十分に代表されてこなかった「アンタッチャブルな人々」の姿を「剥奪感」を軸に解き明かします。〈トランプとブレグジットを生んだ人々〉の正体に迫り、我が国を含む各国政治の行く末を占う、気鋭の政治学者による意欲作。

目次

第一章 イントロダクション――ポスト・トラウマ都市における政治的周縁性
第二章 新たなマイノリティ――カウンター・ナラティヴとそのポリティクス
第三章 周縁からの眼差し――イーストロンドンでの社会的下降のポリティクス
第四章 没落のあと――オハイオ州ヤングスタウンにおける不安のポリティクス
第五章 崩れゆく組織と政党――一党体制・乖離・社会資本
第六章 アイデンティティ――文化と階級のプリズム
第七章 剥奪――社会的階層についてのもう一つの理解
第八章 周縁を測る――アメリカとイギリスにおけるラディカル右派支持
第九章 アンタッチャブルな人々――白人労働者たちは誰の声に耳を傾けるのか

著者プロフィール

ジャスティン・ゲスト  (ジャスティン・ゲスト)  (著/文

(Justin Gest)米ジョージ・メイソン大学公共政策行政学部助教授(アシスタント・プロフェッサー)

吉田 徹  (ヨシダ トオル)  (翻訳

北海道大学大学院法学研究科教授(2019年5月現在)

西山 隆行  (ニシヤマ タカユキ)  (翻訳

成蹊大学法学部教授(2019年5月現在)

石神 圭子  (イシガミ ケイコ)  (翻訳

首都大学東京人文科学研究科客員研究員(2019年5月現在)

河村 真実  (カワムラ マミ)  (翻訳

神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程在籍/日本学術振興会特別研究員(DC1)(2019年5月現在)

上記内容は本書刊行時のものです。