版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
生産・流通 阿部 猛(編集) - 朝倉書店
..
郷土史大系

生産・流通 鉱山業・製造業・商業・金融

発行:朝倉書店
B5判
432ページ
定価 15,000円+税
ISBN
9784254535747
Cコード
C3321
専門 全集・双書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年12月1日
書店発売日
登録日
2020年7月8日
最終更新日
2020年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

主に製造業・流通を紹介。〔内容〕鉱山業/醸造業/製粉/製糸/絹織物業/窯業/製鉄業/金属加工/時計/自動車/航空機/電子機器/有機肥料/和紙/製薬/石油化学製品/マッチ/家具/電力業/問屋/デパート/金融業/他

目次

IV 鉱山業
 総論 〔仲野 義文〕
 1. 金山・銀山 〔仲野 義文〕
 ■総説
 ■陸奥の金
 ■金山の生産と輸送
 西三川砂金山
 相川金銀山の開発
 金の製錬と小判の鋳造
 佐渡金銀山の近代化
 ■銀山の生産と輸送
 石見銀山
 生野銀山
 多田銀山
 院内銀山
 ■採掘技術
 ■労働力の編成
 ■鉱山の閉山
 海外進出
 鉱山の観光資源化
 2. 銅山業と製銅業・その他の鉱業 〔仲野 義文〕
 ■採銅所
 ■別子銅山
 ■足尾銅山
 ■尾去沢銅山
 ■阿仁銅山
 ■その他の鉱山(水銀・硫黄・錫・鉛亜鉛)
 水銀
 硫黄
 錫
 鉛・亜鉛
 3. 石炭 〔北澤 満〕
 ■総説
 ■石狩炭田と釧路炭田
 ■常磐炭田
 ■宇部炭田
 ■三池炭田
 4. その他
 4.1 石油 〔内藤 隆夫〕
 4.2 その他(石材中心) 〔丹治 雄一〕
 ■旧石器時代から江戸時代までの石材利用および石材業の概況
 ■近代の神奈川県域における石材業の展開
 
V 製造業
 総論 〔谷本 雅之〕
 1. 食品加工業 〔井奥 成彦〕
 1.1 総説
 ■統計に見る戦前期日本の食品加工業
 ■日本の食品加工業の地域的特色―特に醸造業について―
 1.2 醸造業
 ■酒(日本酒・焼酎・ビール) 〔大島 朋剛〕
 日本酒
 焼酎
 ビール
 ■醤油・味噌・酢 〔井奥 成彦〕
 醤油
 味噌
 酢
 1.3 製粉 〔生島 淳〕
 ■コムギ栽培と製粉業の始まり
 ■製粉工業の導入と発展
 ■第二次世界大戦後の動向
 1.4 製糖 〔大澤 篤〕
 ■幕末開港期
 ■明治維新期
 ■産業革命期
 ■日露戦後期
 ■第一次世界大戦期
 ■1920年代不況期
 ■満州事変期
 ■アジア太平洋戦争期
 1.5 製麺 〔久岡 道武〕
 ■製麺技術の伝来
 ■素麺産地の広がり
 ■うどん・そばの発明と機械製麺の発達
 ■新しい麺食文化の到来
 1.6 菓子 〔八百 啓介〕
 ■和菓子
 ■洋菓子
 1.7 缶詰 〔高柳 友彦〕
 1.8 清涼飲料水 〔河野 昭三〕
 ■欧米人の生活必需品:列強進出の落とし子
 ■外国人居留地とその附近:伝習から開業へ
 ■京都舎密局からの製造販売:官業から民業へ
 ■大手ビール会社の参入:ラムネからサイダーへ
 ■第二次世界大戦後の成長と発展:製品の多様化へ
 ■市場の競争激化と成熟化:国内から国外へ
 1.9 乳製品・酪農製品 〔矢坂 雅充〕
 ■戦後の乳業の展開
 ■開拓酪農と中小乳業プラント
 ■岩手県の開拓酪農と中小乳業メーカー
 1.10 たばこ 〔鎮目 良文〕
 2. 繊維産業・衣料産業
 2.1 総説 〔阿部 武司〕
 2.2 原料糸
 ■製糸業 〔松村 敏〕
 製糸業の成立
 幕末開港と生糸生産の急増
 明治~昭和戦前期の製糸業最盛期
 戦後と現在の製糸業
 ■綿紡績業 〔結城 武延〕
 江戸時代以前
 戦前から戦間期へ
 戦時期から戦後へ
 ■化学繊維・合成繊維 〔橋本 規之〕
 レーヨン工業の勃興
 産地の形成
 合成繊維産業の盛衰
 2.3 布生産
 ■絹織物業 〔松嵜 久實〕
 古代の養蚕と絹織物の伝来と普及
 中世の絹織物
 近世の絹織物業
 明治期の絹織物業
 大正・昭和戦前期
 第二次世界大戦後復興期
 ■綿織物業 〔谷本 雅之〕
 綿織物業の成立
 幕末開港と綿織物業の再編
 綿織物業の複層的発展
 産地綿織物業の力織機化
 戦時から戦後へ
 ■毛織物業 〔橋口 勝利〕
 近代日本と毛織物業
 毛織物業の始まり
 尾西産地の発展―工業化と製品転換
 毛織物業の飛躍
 ■化繊・合繊の織物業 〔白木沢 旭児〕
 戦前の人絹織物業
 戦後の化繊・合繊織物
 ■メリヤス産業 〔大森 一宏〕
 メリヤスの導入
 輸出の増加
 組織化の進展
 分業システム
 商標問題
 メリヤスからニットへ
 2.4 縫製 〔岩本 真一〕
 ■縫製(業)とは
 ■縫製業成立以前の衣料品生産
 ■幕末開港と縫製業の成立
 ■居留地貿易撤廃後の展開
 ■戦時統制下の拡大
 ■戦後繊維産業の再編から縫製業の躍進へ
 ■躍進の陰に
 3. 窯業
 3.1 総説 〔宮地 英敏〕
 3.2 陶磁器 〔宮地 英敏〕
 ■古代から中世の陶磁器業
 ■茶の湯の隆盛と近世陶磁器業
 ■幕末開港期から明治前期にかけて
 ■近代における飲食器生産
 ■戦後の飲食器製造
 3.3 碍子・衛生陶器・ニューセラミックス 〔宮地 英敏〕
 ■碍子
 ■衛生陶器
 ■ニューセラミックス
 3.4 硝子産業 〔黄 完晟〕
 ■日本の硝子産業の概略
 近代的な硝子工業の形成
 戦時経済と戦後の混乱期の硝子工業
 戦後の発展期の硝子産業
 板硝子の工業
 ■日本の主な硝子産業の地域・東京と大阪
 東京の硝子工業
 大阪の硝子工業
 ■硝子産業の展望
 3.5 セメント業 〔渡邉 恵一〕
 ■日本におけるセメント業の勃興
 ■市場と生産地域の拡大
 ■企業間競争の激化と戦時下の再編
 ■戦後のセメント業
 4. 金属と金属加工業
 4.1 総説 〔長島 修〕
 4.2 製鉄業
 ■たたら製鉄 〔相良 英輔〕
 近世前期のたたら製鉄
 近世中期のたたら経営
 銑生産から割鉄生産へ
 近世後期松江藩のたたら製鉄
 近代のたたら製鉄
 ■近代製鉄業 〔長島 修〕
 たたら製鉄から近代製鉄業へ
 近代製鉄業の成立
 明治維新後の釜石製鉄業
 中小坂鉱山
 陸海軍の製鋼事業
 官営八幡製鉄所の確立
 4.3 アルミニウム 〔三和 元〕
 ■アルミニウム製錬業の発達
 ■アルミニウム製錬業の再建と新規参入
 ■アルミニウム製錬業の衰退
 ■アルミニウム加工業の発展
 4.4 金属加工 〔老川 慶喜〕
 ■産業用鋳物産地―川口など
 日用品鋳物生産から機械鋳物生産へ
 川口鋳物業の発展と製造品目の多様化
 明治30~40年代の各種鋳物生産
 在来技術の変革
 第一次世界大戦後の川口鋳物業
 5. 機械製造
 5.1 総説 〔沢井 実〕
 明治の機械工業
 戦間期の機械工業
 戦時期の機械工業
 戦後の機械工業
 5.2 時計 〔鈴木 淳〕
 5.3 船舶 〔小池 重喜〕
 ■近代的海事政策体系成立・再編と造船業の本格的発展
 海事政策体系成立と貨客船建造業の発展開始
 1899年(明治32)再編成
 遠洋航路補助法制定と日本造船業の本格的成立
 ■明治末・大正初年の変化
 超弩級戦艦建造体制への参入と造船需要倍増
 貨物船分野の展開
 ■第一次世界大戦前後における造船業の躍進
 貨物船建造の急増と造船業確立
 レシプロ貨物船建造の最的質的発展と貨物船建造業の本格的成立
 ■1920・30年代の展開
 中古船大量輸入と世界的な船腹過剰
 タービン・ディーゼル船段階への移行開始・展開
 日本:タービン化からディーゼル化へ
 船舶改善助成施設
 5.4 鉄道車両 〔沢井 実〕
 ■明治の鉄道車両工業
 ■戦間期の鉄道車両工業
 ■戦時期の鉄道車両工業
 ■戦後の鉄道車両工業
 5.5 自転車 〔朝倉 雅寿〕
 ■産業の成立
 ■産業の展開
 ■第二次世界大戦後の成長と衰退
 5.6 オートバイ 〔出水 力〕
 ■総説
 オートバイ生産の夜明け
 戦後のオートバイ生産の再スタート
 ■戦前のオートバイ産業
 先達たち
 日本モータース製造所
 陸王内燃機
 ■戦後のオートバイ産業の再出発
 ホンダの起業とスズキの業種転換
 メーカー乱立期から今日の4社体制へ
 海外レース参戦と輸出産業へ
 本格的な海外現地生産
 5.7 自動車 〔四宮 正親〕
 ■自動車産業の誕生
 ■小型車の普及
 ■小型車工業の形成と発展
 ■日産自動車の小型車生産
 ■国産車の育成
 ■軍部と自動車産業
 ■京浜工業地帯と自動車産業
 ■国産自動車メーカーの誕生と発展
 日産自動車
 トヨタ自動車
 スズキ
 本田技研工業
 ■自動車産業と遠州
 5.8 航空機 〔坂上 茂樹〕
 ■上毛の雄―中島飛行機
 ■神戸系二社―川崎と川西
 川西航空機
 川崎航空機
 ■名古屋の両雄―愛知と三菱
 愛知航空機
 三菱重工業
 ■震災、空襲、工場疎開―三菱重工業の事例
 ■戦後復興から発展的再編へ
 おわりに
 5.9 兵器
 ■日本海軍の艦艇を中心とする兵器生産の方法と実態 〔千田 武志〕
 海軍形成期の艦艇の保有
 兵器国産化への途と実態
 日露戦争後の海軍の拡張
 軍縮期とその後の兵器生産
 ■陸軍 〔佐山 二郎〕
 5.10 産業機械 〔鈴木 淳〕
 ■ポンプ
 ■織機
 ■紡績機械
 ■内燃機関
 5.11 電気機械(重電機) 〔長谷川 信〕
 ■重電機製造の源流
 ■重電機産業の成立と寡占化
 ■高度成長期以降の電気機械工場の地域分散
 5.12 通信機器(ラジオ) 〔平本 厚〕
 ■ラジオ産業の形成
 ■大企業の成立
 5.13 電子部品 〔中島 裕喜〕
 ■電子部品について
 ■無線通信の発展と電子部品生産の始まり
 ■軍事用電子部品の生産拡大と民生用電子部品への転換
 ■電子部品の技術革新と飛躍的な産業成長
 5.14 光学機器(カメラ・双眼鏡) 〔岡部 桂史〕
 ■戦前の遺産
 ■復興期の軍民転換
 ■東京の地場産業
 ■世界カメラ市場の制覇
 5.15 ミシン 〔大東 英祐〕
 ■輸入によるミシンの国内市場の成長
 ドイツ製ミシンの輸入
 シンガーの日本進出
 ■ミシンの国産化
 国産化への二つの経路
 月掛予約制度
 戦時経済体制下のミシン
 ■ミシン産業の復興と成長
 戦後復興と標準規格
 ミシン産業の成長
 市場の成熟化
 ■工業用ミシンの成長
 既製服の時代への対応
 工業用ミシンの成長
 5.16 情報機器 〔池元 有一〕
 ■日本の情報機器産業
 ■手厚い保護育成政策と事業化(高度経済成長期)
 ■自由化と互換機戦略(安定成長期)
 ■ダウンサイジングとパソコンの登場(1980年代以降)
 6. 化成品製造
 6.1 総説 〔鈴木 恒夫〕
 6.2 有機肥料 〔市川 大祐〕
 6.3 化学肥料 〔鈴木 恒夫〕
 6.4 染料(在来的な染料から化学染料へ) 〔天野 雅敏〕
 ■在来の染料生産の発展
 ■幕末開港以降の在来の染料生産
 ■化学染料の導入と普及
 6.5 製紙
 ■和紙 〔久米 康生〕
 古代から優勢な地方の産紙
 中世の檀紙と杉原紙
 越前の奉書紙と美濃の多彩な紙
 町人社会を支えた量産紙
 近代に洋紙と競合して
 ■洋紙 〔四宮 俊之〕
 6.6 製薬業 〔ジュリア・ヨング〕
 ■総説
 ■製薬業の基盤となる日本の医療行政の近代化
 ■大日本製薬(東京)の創立
 ■道修町:大阪薬品試験会社と大阪薬品会社
 ■製薬業の郷土が東京中央区日本橋本町に移動
 6.7 石油化学製品 〔橋本 規之〕
 ■石油化学工業の誕生
 ■コンビナートの形成
 ■成長の限界:環境問題と石油危機
 ■コンビナートの再編と事業統合
 7. 消費雑貨
 7.1 総説 〔谷本 雅之〕
 7.2 マッチ 〔武知 京三〕
 ■国産マッチの始まりから主要産地の形成へ
 ■マッチ輸出の盛衰と戦時統制期の動向
 ■マッチ業界の戦後復興から経営の多角化へ
 7.3 花莚・麦稈真田 〔神立 春樹〕
 ■花莚
 ■麦稈真田
 7.4 玩具 〔谷本 雅之〕
 7.5 履物 〔張 楓〕
 ■下駄
 ■靴
 7.6 家具 〔張 楓〕
 ■和家具
 ■洋家具
 ■戦後の動向
 7.7 電球 〔平沢 照雄〕
 ■日本における電球工業の形成
 ■1930年代における電球工業の発展と輸出産地の形成
 ■第二次世界大戦後における電球工業の再出発と地域分布
 ■都市電球工場の地方移転による輸出産地の形成とその衰退
 ■白熱電球・蛍光ランプからLED電球へ
 7.8 漆器 〔千森 督子〕
 ■漆器の歴史と漆器業の成立
 ■漆器業の製造工程と生産の場
 ■漆器産地の地域構造
 ■漆器業の近代化
 ■漆器業の現状と今後の展望
 7.9 石鹸・洗剤 〔大東 英祐〕
 ■石鹸工業の発展
 輸入の開始と国産化の動き
 石鹸工業の成立
 石鹸工業の成長
 戦中戦後の石鹸業界
 ■合成洗剤の成長
 戦前の合成洗剤
 重質洗剤の登場
 重質洗剤の進化
 コンパクト洗剤と洗剤市場の成熟化
 8. 電力業 〔中瀬 哲史〕
 ■生活の場「郷土」における電力業
 ■需要家の立場
 ■消費者としての立場
 ■発送配電設備の所在する地域住民としての立場
 火力発電と公害問題
 ダム建設がもたらした問題
 原子力発電の建設に伴う問題
 ■電気と人々の暮らし
 
VI 商業
 総論 〔浅井 良夫〕
 ■商業史・流通史への関心の高まり
 ■古代
 ■中世
 ■近世
 ■近代
 1. 古代・中世 〔渡邊 誠〕
 2. 近世 〔本城 正徳〕
 ■幕藩制的市場と近世商業
 ■領主米の流通構造と幕藩制的市場の発展
 ■問屋制の発展
 ■幕藩制的市場の変容と三都商業の推移
 ■在方商業の展開
 ■幕府の商業政策
 3. 近代
 3.1 問屋 〔木山 実〕
 ■明治初期における荷受問屋の動向
 ■新たな問屋組織の形成:東京米問屋のケースなど
 ■問屋資本主義
 3.2 小売業と百貨店の出現 〔山口 由等〕
 ■近代都市と百貨店
 ■都市圏の拡大
 ■生活スタイルと小売業態
 ■商工行政の登場から小売業整備まで
 3.3 貿易商社 〔大島 久幸〕
 ■居留地貿易から直輸出の育成へ
 ■総合商社の成立
 ■商権自立への道
 4. 現代(戦後)
 4.1 商店街 〔柳澤 遊〕
 ■戦後復興期の商店街
 東京の戦後復興と商店街再建
 地方都市における商店街復興
 商店街組織の活動と商店街連合会の結成
 ■高度成長期の商店街発展の諸相
 商店街発展の動向―東京を中心に―
 商店街発展の諸要因
 ■石油危機後の商店街の変容
 新環境に直面した都市商店街
 商店街組織の停滞―1980年代―
 4.2 デパート・スーパー・コンビニ 〔山口 由等〕
 ■近代社会と小売大企業
 ■デパート
 ■スーパー
 ■コンビニ
 4.3 「流通革命」論と卸売業 〔須永 徳武〕
 ■「暗黒大陸」と「流通革命」論
 ■メーカーの流通系列化
 ■スーパーの登場と「問屋無用」論
 ■卸売業の成長戦略
 ■1960年代の幻影から1990年代の現実へ
 4.4 貿易の発展と貿易商社 〔大島 久幸〕
 ■戦後の日本貿易と経済成長
 ■戦後十大商社体制の確立
 ■商社冬の時代から夏の時代へ
 
 VII 金融
 総論 〔浅井 良夫〕
 ■通貨の歴史的視点
 ■東アジアの中の日本
 ■日本金融史における地域
 1. 古代・中世 〔田中 浩司〕
 ■古代
 出挙
 月借銭解
 金融の担い手と平安時代の状況
 貨幣と金融
 ■中世
 鎌倉幕府の金融政策
 中世後期の金融法令・徳政令
 金融・貸借契約の多様性
 金融の担い手としくみ
 むすびにかえて
 2. 近世 〔中川 すがね〕
 ■天下の台所
 ■大坂本両替仲間の形成
 ■両替店の業務と振手形発行
 ■近世後期の本両替仲間
 ■振手形の意義
 3. 近代 〔邉 英治〕
 ■戦前期日本の金融と金融機関
 ■近代的金融機関の創設
 ■産業革命期における金融機関の勃興と拡大
 ■両大戦間期における金融機関の動揺と再編
 ■戦時統制下における金融機関の整備と変容
 4. 戦後 〔早川 大介〕
 ■戦後日本の金融と金融機関
 ■戦後復興と金融機関の整備
 ■高度成長期の金融システム
 ■安定成長への移行と金融自由化の進展
 ■バブル後の金融危機と変革

上記内容は本書刊行時のものです。